2018.09.28

失敗知らず!剥がせるスプレー

こんにちは。はじめまして、今までホームセンターとは接点のない人生を送ってきたのに、DCMに入社した新入社員のTです。入社してから、DCMブランドのパッケージ作りをお手伝いをしています!お客さまから見て、「手に取りやすいパッケージだな」って思ってもらえるパッケージを作ろうと毎日奮闘しているところです。

ラバーコーティングスプレーってなに?

先日、塗料関係のお仕事があったのですが、種類がありすぎてびっくり!ウレタンスプレー、アクリルスプレー、ラッカースプレー、、、、、。もうよく分からないですよ。でも、ホームセンターの社員が塗料を知らないんじゃ、話になりませんよね?すぐに調べましょう!そんなこんなで塗料について調べていると、「ん?ラバーコーティングスプレー?」気になるスプレー発見しました。早速、買いに行きましょう。

剥がせる塗装、ラバーコーティングスプレー

こちらがラバーコーティングスプレーです。もちろん、DCMのお店でも手に入りますよ!
(※店舗によってお取り扱いのない場合やお取り寄せになる場合がございます。)
 

このスプレーの一番の見どころは、一度スプレーして失敗してもすぐにはがせるところ。つまり、何度失敗してもやり直しが効くということ。普通の塗料だと、塗った後に、この色やっぱりいやだな~ってなっても、塗り直しはできないけど、ラバースプレーなら、色が気に入らなければ、すぐに剥がして塗り直すことができるので自由自在に塗装できます。使用用途で多いのが、車のボディ、ホイール!飽きたら剥がせばいいし、何度でもイメチェンできるのと、ゴム状の膜で覆うので、傷・汚れからまもるプロテクションになるみたい。やってみたいけど、車は持ってないので、誰でも持ってる身近なもので使ってみようと思います。

 

使ってみて

用意したのは、ラバーコーティングスプレーのレッド、ホワイト、ブルー、木製のスプーン、フォーク、バターナイフ。

はじめて使うので、使用方法はしっかり調べます。使い方が分かったところで、早速使ってみましょう。

まずは、下地の処理です。色を塗りたくない部位には、養生テープやマスキングテープを施す。

一回目の塗装は少し色が付く程度に塗ります。この段階で厚塗りするのは良くないみたい。薄くムラなく。

乾燥させてから、二回目の塗装。二回目からは厚く塗装していきます。塗る回数によって膜の厚みも増していくので、丁寧にコツコツと。

最後は完全乾燥。4時間以上置いておけば完成です。

うん!初めて使用しましたがいい出来です。特にブルーがいい色出ました。ムラが出ちゃったのはご愛嬌で。下地処理だったり、しっかり乾燥させてからの塗装っていうのが本当に大事らしいので、皆さんはそこらへん意識しながら使ってください。


そして、ここからラバーコーティングスプレーの真骨頂。剥がせちゃいます。どんどん剥がれて、つるんと!気持ちいい!見ていただいてもわかるように、ほんとに伸びるんです!改めて驚いてしまいましたね…

まとめ

ラバーコーティングスプレーを使えば、身の回りにあるモノをこんなかんじで彩ることが出来ちゃいます。今回試したスプーンなどの食器類だったり、自作でiPhoneケースを作ったりなんてこともできちゃうみたいです。他にもアイデア次第では、可能性は無限大なので、ぜひ皆さんも使って、自分だけのモノを作り上げてください。

今回使用した商品

FLEXiDIP ラバーコーティング 各色あり
いろいろな素材をゴム素材で強力に保護します。
乾燥後、はがすこともできるので、お好きな色で身近なものを、手軽にイメージチェンジ。
滑り止め機能を発揮します。
アイテム詳細へ


RANKING ARTICLE