2018.11.05

穴あき黄ばみ障子をラクしてキレイに

「家事能力人並み以下」なズボライターWが、ネットの「ラクしてキレイ技」に挑戦します!

障子の貼りかえをせずに新年を迎えたい

「障子」があると、年末の「貼りかえ」が大変面倒。
ズボラ―家にも黄ばんで穴が開いたのが2面。
部屋の印象まで黄色く。

貼りかえずにきれいに見せる、または
あっというまに貼りかえられる方法はないんでしょうか!

作戦1・漂白スプレーで白さ復活、からのペーパーナプキンデコ

グーグル先生に聞いてみたところ、

・黄ばんだ障子紙は、漂白スプレーで白くなる
・破れ部分は、かわいいペーパーナプキンで部分補修する

という方法があると。

「白さを復活させ」「破れた部分のみ取り換える」とは賢い!
さっそくやってみたいと思います!!

step1
水を入れたスプレーボトルに漂白剤と洗濯のりをキャップ1杯程度まぜ、
障子紙の裏からまんべんなくスプレー。

ッピャ~! 白くなれ~!

翌朝まで放置し、乾燥させてみました。
ら。

あら? なぜだか茶色のシマシマが出現。
積年の汚れが水分によって流れ出し、筋状に浮かび上がったもよう。

白くしたあとデコする用に、IKEAでかわいいペーパーナプキンを買ってきたけど、
この状態じゃやるだけムダみたい。

と思いつつ、ひょっとしたらと貼ってみましたら

北欧風になった! はずのない絶望的な仕上がり。

全面貼りかえに移行です。

教訓
「汚れすぎた障子は、しのごの言わずに貼りかえよ」

作戦2・両面テープ式障子紙で「ラクちん貼りかえ」に挑戦

面倒な障子の貼りかえ、やるしかないならなるべくラクに済ませたい!
DCMのホームセンターで、便利アイテムを探してきました。

今どきは両面テープ貼りアイロンで貼れる障子紙があるんですね。
ワンタッチな障子紙はがしに、障子貼りかえ道具セットも調達。

step1
まずは古い障子紙をはがします。
アサヒペン「ワンタッチ障子紙はがし」を裏からたっぷり塗って、そのまま5分。

ペロンとはがれました。

昔は寒い風呂場や庭先で、凍えながら水をかけてはがしたもんですが、
これがあれば、室内で作業できます。

はがれ心地については、水を使った時とそこまで差はない気がしますが、
ネコの手も借りたい年末に、ハイッと渡すだけでパパも子どももお手伝いできる、
そんな便利さがあります。

step2
両面テープで障子紙を貼りつける

桟に残ったのりを拭きとり、乾いたら両面テープで障子紙を貼りつけ。
DCMチャンネルの「障子紙の貼り方・両面テープ貼り編」動画を見ながらやってみます。

手順は
①障子紙と障子が平行になるよう位置決めし、マステで仮止め。
桟に専用両面テープを縦方向に貼り、紙をはがす
②桟の横方向に両面テープを貼り、1段ずつ紙をはがしながら障子紙を貼る。
③端の余分な障子紙を定規をあてながら切り取る。

両面テープを貼るときは、たるまないようひっぱりながら、
障子紙を貼りつけたら、中央から外に向かって指先でならすのがポイント。

完成
じゃじゃん!

おおお! 白さがまぶしい! 見違えました!!

のりで手がべたべたになることもなく
漂白剤スプレーをかけて乾かしたり、ペーパーナプキンを切って、貼っての作業より早い。
もしかしたら立てたままでも作業できそう。
見た目は紙の障子紙なのに、プラスチックだから破れにくいのもGOOD!

次のアイロン接着の障子紙は、テープを貼る手間がないからもっとラクなんですって!

障子紙の貼り方 障子の貼りかえ方 「アイロン貼り編」
ほうほう、なるほどね。

と思ったら、わが家の障子は樹脂製。アイロンが使えないと判明。

ガーン。

仕方なく両面テープで貼りました。

二つを並べても、色味は全く違和感なし。
手触りについては、アイロン版のほうがザラッとしてます。

それにしても最近のワザあり障子紙は素晴らしい。
のりはいらない、穴は開きにくい、汚れたら拭ける。
もっと早く試せばよかったというのが正直な感想です。

教訓その2
「貼りかえが面倒な人こそプラスチック障子紙」

穴あき障子をお持ちの方、ズボラ―家のような悲惨な状態になる前にぜひ!

のり不要、強さ約7倍両面テープ貼り

DCMブランド プラスチック障子紙 テープ貼
障子紙をプラスチック層でサンドした、強度7倍、明るさ15%アップ、UVカット率95%の障子紙。汚れたら水ふきOK。両面テープ貼りタイプ。94×1.8m 1,077円(税込)
ご購入はこちら

木製障子枠ならぜひ

DCMブランド プラスチック障子紙 アイロン貼り
アイロンのドライモードでプレスするだけ、あっというまに貼れるお手軽プラスチック障子紙。冷暖房効果があり、汚れたら水ふきができます。94×1.8m 1,382円(税込)
ご購入はこちら

取材・文・撮影/和田玲子


RANKING ARTICLE