2018.11.13

“捨て方に迷いやすいモノ”のゴミの出し方!

人気の主婦ブロガーが家事ワザを伝授!自分らしい暮らしの作り方

毎日忙しくても、家事から解放されることはありません。それならできるだけラクができて、美しい仕上がりが手に入るコツやワザを知りたい。そこでSNSで人気の主婦ブロガーの皆さんに、ご自分が実践している家事の裏技や時短テクをリレー連載で紹介していただきます。いますぐ実践できるアイデアがたくさん登場しますので、皆さんの暮らしに役立ててください。

人気ブロガーtommyさん
写真をとること、花を飾ること、自然とのふれあいが大好き。整理収納アドバイザー1級、TCカラーセラピスト、ハウスキーピングコーディネーター2級を取得。アメブロ公式トップブロガーとして、「tommyの心地よい暮らし」を主催して、心穏やかに過ごす毎日の工夫についてつづっている。https://ameblo.jp/higuminfamilly/

捨て方が分からず、片付けを中断したことはないですか?

例えば、
・柔軟剤、塩素系漂白剤などの液体洗剤
・スライサー、カッターなどの危険な刃モノ
・マニキュアや液体の化粧用品etc.

分からないものがあると、片づけが面倒になり、意欲も消えてしまいますよね。
そして捨てずに溜めてしまったモノは、散らかりの原因にもなってしまいます。

家をスッキリ片づけるには、“捨てる知識”が必要です!
今回は、 “捨て方に迷いやすいモノ”のゴミの出し方をご紹介します。

※ここでの内容は、わが自治体や、メーカーに確認した方法です。
※自治体によってゴミの出し方は変わります。地域のルールに従うようにしてください。

柔軟剤など液体の洗濯洗剤

洗剤は香りや成分が肌に合わないことがあります。譲渡出来ればいいのですが、難しい場合には、可燃ゴミとして処分できます。

★可燃ゴミの出し方

古布や新聞紙にしっかり染み込ませて、袋から液体がもれないようにします。

★排水溝に流すことも可能

その際は、水を出しながら、少しずつ流します。
(※注意:何本分もあるなど量が多い場合は、可燃ゴミで出しましょう)

★捨てずに掃除に使う

柔軟剤は、香りが良く静電気防止になるので、拭き掃除にGOOD。


柔軟剤を混ぜた水にタオルをつけ固く絞ります。


家電を拭けば、ホコリがつきにくくなります。
換気扇を拭けば、油汚れを防ぐ効果が。

塩素系漂白剤

譲渡が難しい場合は、柔軟剤と同じく可燃ゴミに出すか、排水溝に流す方法で処分できます。

メーカーの方からは、排水溝に流す方法をすすめられました。
においで気分が悪くなったり、体に付着したりなどのトラブルを回避しやすいとのことでした。

★排水溝への流し方

水をたくさん出しながら、液がはねないようゆっくりと流します。
1本分なら1度に流してもOK。
量が多い、もしくは環境のことなど気になる場合には、数日に分けるとよいでしょう。
(※注意:酸性の洗剤と混ぜると、塩素ガスが発生してキケンです。流す際は、別の日に)

スライサー、カッターの刃、包丁、シェーバー、ハサミなど危険な刃もの

刃を包み、燃えないゴミとして処分します。
(※注意:出刃包丁や和裁バサミは、不燃性粗大ゴミです)

★包み方

段ボールや厚紙、新聞紙などに厳重に包み、ガムテープなどで固定します。
「キケン」の他に、内容物も表記して、ケガをしないよう安全に出しましょう。


ゴムテープや赤いマジックを、ゴミ出し用に常備しておくと便利です。

マニキュア

・中身とキャップ(プラスティック)は、燃えるゴミ。
・ガラスの瓶は、燃やせないゴミ。
・中身が固まってでない場合は、キャップ付きのまま、燃やせないゴミとして処分します。

★中身の出し方

中身は、袋に入れた新聞紙や古布に染み込ませます(においがきついので、外での作業をおススメします)。

★瓶の洗浄の仕方

除光液ですすぎます。漬けおきすると溶けやすいです。
すすいだ液も、新聞紙や古布に染み込ませます。

※マニキュアの瓶は、燃やせないゴミ扱いです。
しかし、きれいに洗浄出来た場合に限り、資源ゴミとして出すことも可能のようです。

★捨てずに瓶を再利用

私は花器として使っています。
小花を飾るのに丁度良いサイズで、お気に入りです。

液体の化粧用品

マニキュアと同様、布などに染み込ませて処分します。
化学反応を起こすと危険なので、他と混ぜないようにしましょう。

以上が、“捨て方に迷いやすいモノ”のゴミの出し方でした。

まとめ

・液体洗剤の中身は、燃えるゴミor排水溝に流す。
・スライサーなどの刃物は、刃を包み、燃やせないゴミに出す。
・マニキュアの中身は燃えるゴミ、瓶は燃えないゴミに出す。
・中身や容器、付属品は、それぞれ分別して出す。

自治体によりゴミの出し方は変わります。地域のルールに従いましょう。
また、ゴミの出し方をすぐ調べられるように、工夫も必要です。

・自治体発行の“ゴミの出し方”の冊子をすぐ出せるところに置いておく。
・自治体のゴミの出し方のWEBページを登録しておくetc.

“簡単に分かる仕組み”を作っておきましょう。

この年末をきっかけに、片づけを進めませんか。
迷うモノに片を付けて、家も心もスッキリできると嬉しいですね♪


捨て方が分からないモノって意外と多い💦
でもこれからはちゃんと捨てられそう♪
柔軟剤は捨てずに掃除に使えるのがびっくり!

編集部のおすすめ!買っておくと便利!

DCMブランド 束ねるラップ

クルクルまとめて!ラクラク結束!ラップみたいな結束テープ。新聞、段ボールの梱包、長すぎるコード、フリマアプリ等、ご自身での商品発送の機会が多いかたの商品の梱包などにも便利。サイズ:約10cm×150m 300円(税込)

DCMブランド 束ねるラップ スペア

DCMブランド 束ねるラップのスペアです。サイズ:約10cm×150m 192円(税込)ご購入はこちら


RANKING ARTICLE