2018.11.30

窓や網戸、あなたはどのくらいの頻度で掃除していますか?

気がつけば引っ越して以来数年してないなあ、なんて、うっかりすると長期間放置してしまいがちな窓や網戸のお掃除。よそのお宅ではどのくらいの頻度でお掃除しているんでしょうね。

今回は、窓や網戸の掃除の頻度に関するアンケートを、「くらしメイド」のLINE@と、アイデア投稿サイト「暮らしニスタ」で実施し、その結果を発表します。窓や網戸のお掃除、あなたはどうしていますか?

窓や網戸掃除のモチベーションは
窓の形状、大きさ、網戸の数など掃除のしやすさが影響!?

アンケートによれば、42%の人が数ヶ月に1度(暮らしニスタ調べ)窓や網戸を掃除していることが判明!

自宅の窓の形状、大きさ、網戸の数などによって、やる気の度合いも様々かと推察しますが、約4割の人が数ヶ月に1回は、窓、網戸を掃除しているんですね! 次点が年に1回の27%、3位が月に1回の13%でした。

窓や網戸のお掃除、どのくらいの頻度で行っていますか?

「数ヶ月に1度です。少々時間がかかるものなのでしょっちゅうはできないし。汚れをためて掃除した方がきれいになった時の快感が大きくないですか?」(39才・専業主婦)

「気候の良いときにやっています。寒かったり暑かったりすると体力的にも疲れますしね。春、初夏と秋など、快適な時期に掃除します」(52才・専業主婦)

「年1回です。まめに掃除したほうがいいのでしょうけど、雨が降ったら汚れるし、道路沿いでもあるので排気ガスですぐ黒くなってしまうと思うと、そう頻繁には…」(47才・専業主婦)

「週1回はやっています。一週間に一度の日曜日は窓の掃除の日。今は色々な掃除グッズが売られているので、購入するのも楽しみなんです。また、どれにしようと悩んで購入したグッズの使用感なども楽しみなので、夫婦で笑いながら掃除できる楽しい時間です」(43才・派遣社員)

「海のそばに住んでいるので、潮は水で流すしかなくて、月に何度と決めずに気になったら流すようにしているから、かなり頻繁にやっています。」(42才・専業主婦)

ズバリ、あなたは窓や網戸掃除が好きですか?

 

しなくてもそう困らない、という回答も多かったのですが、正直言ったら、窓や網戸掃除は手間がかかるし、あまり好きじゃないという人が84%も(DCM LINE@調べ)!

嫌いなのはどうして?その理由は?

「上の方は手が届きにくいし、窓は拭いても拭きあとが残ってしまうのが嫌なんです。そして、網戸は何度拭いてもでこぼこしていて汚れが落ちている気がしないのが嫌だからです」(42才・専業主婦)

「どんなにきれいに拭いても、次に拭くときにはすごく汚れていて、達成感が低いから。必要なのはわかっていても『どうせすぐに汚れるから』と思ってしまう」(43才・専業主婦)

「気候のいいときはいいが、寒かったり暑かったりすると掃除が心底面倒だから… 頑張っても年に2回ぐらいしかしていません」(42才・専業主婦)

「窓ガラスは古新聞やガラス掃除用スプレーなどを使って拭き掃除をしても、角度を変えて見ると必ず汚れが残っていて嫌になります。それに、我が家は汽車窓とルーラー窓が多いのでとても掃除し辛くて。ルーラー窓の網戸に至ってはドライバーを使って外さねばならないんですよ。2階の出窓はお手上げ・・・」(54才・専業主婦)

「窓が大きくて一枚掃除するだけでとても疲れます。網戸はブラシでこすってもなかなか汚れが落ちないので困っています」(37才・専業主婦)

便利グッズがあれば
憂鬱な窓&網戸掃除がぐんと気楽に!

確かに、寒い季節や暑い季節、高いところにある、窓のシステムが掃除しにくい、などなどの理由から、窓&網戸のお掃除に気が乗らないという人の気持ちもわかります。ではそんなちょっと憂鬱な窓&網戸掃除をラクにしてくれる方法や、便利グッズはないものでしょうか?

窓や網戸掃除、どんなグッズを使っていますか?

「ホームセンターで購入した水拭き用のタオルのようなものと水切りが一体化した棒を使用しています。高いところまで届くし、同時に水を切ってくれるので水滴の跡が残ることがなくてすごくきれいに拭き上がります」(42才・専業主婦)

「窓は水で流した後に雑巾で拭きます。その後に新聞紙を水に浸してこすります。網戸は網戸の洗剤を使って掃除します」(41才・専業主婦)

「水で濡らしてスクイジーで拭き取っています。汚れがひどい時は窓用洗剤を使います」(54才・パート)

「伸びる窓ワイパーが超便利。雑巾や布だと拭いた後に線維が残ったりしますが、ワイパータイプはきれいに拭けるんです。持ち手が伸びるので窓の高いところも掃除できてスッキリです」(45才・派遣社員)

「キッチンで使い古したマイクロファイバーの布巾を使っています。すごく汚れが落ちるし、使用後真っ黒になった布巾は、そのままゴミ箱へ捨てられるのが嬉しい」(32才・専業主婦)

嫌いな人の多い窓や網戸の掃除。新聞紙を使用している方が多いことがわかりました。手軽に使える窓・網戸用シートや、高いところまで届くワイパーを活用している方も多いようですね。メラミンスポンジやマイクロファイバーの雑巾など、お掃除がラクになるグッズを上手に使えば、いつもスッキリ。明るい窓からの景色が楽しめるようになりますね。年末の大掃除で、さっそく試してみましょうか。

まとめ/伊波裕子

※暮らしニスタ編集部が日本全国の既婚女性100名を対象に実施したアンケート(実施期間:2018年11月19~28日)と、DCM LINE@公式アカウントがLINE友達を対象に実施したアンケートより(実施期間:2018年11月18~22日)

DCMブランド グラスワイパー25cm/伸縮自在ポール付き
窓ガラスの水拭き・水切りがこれ1本でできる。独自の特殊カット面ゴムで水切り抜群。2層構造のスポンジで表面のナイロン不織布がしっかり汚れを落とし、中のスポンジがガッチリ吸収する。ワンタッチジョイント式。サイズ:約幅25×長さ91-156cm。1,077円(税込)
ご購入はこちら!
アズマ 窓・網戸楽絞りワイパー
マイクロファイバーとブラシ繊維のWのチカラで窓も網戸もこれ1本で掃除できる。洗剤不要、水だけでOK。拭き幅約24cmのワイドタイプ。ガラスをキレイに仕上げる水切りゴム付きです。保管や取り回しにも便利な伸縮柄タイプ。サイズ:約24×100-145㎝。


RANKING ARTICLE