2017.11.25

消毒用エタノールで簡単!お風呂の天井やパッキンのカビ取り方法

お風呂で気になるのが、なんといってもカビ。
塩素系の洗剤や重曹、酢などを使ってお風呂掃除をしているお宅が多いと思いますが、共通して言えるのが、時間が経つとまたカビが出てきてしまうこと。
せっかく掃除をしたのなら、ずっときれいな状態をキープしたい!ということで、テレビ番組で紹介されていた消毒用アルコールを使ってみることに。
簡単にきれいになって、予防までしてくれるということで、さっそくトライしてみます。

まずは、お風呂の洗剤で洗い、汚れを落とすことが第一

塩素系のカビ取り剤を使って、しっかりカビを退治。浴室テレビのゴムパッキンなど、洗いにくい部分には点々と黒カビができていました。

そんな頑固なカビには、カビ取り剤を塗布した後、キッチンペーパーでパックするように覆い、しばらく置けばぐんと落としやすくなります。

お風呂のエプロンもラックもすべて取り外して、カビ取り剤をシュシュッとします。
天井は、お風呂のブラシにカビキラーを付け、天井にそのまま塗りつけるように
つけてみました。

この時、自分にかからないよう、注意してください。
お風呂のフタもヌルヌルしがちなので念入りに。
くれぐれもお風呂を締め切った状態ではお掃除しないこと。しっかり換気することが肝心ですよ。

カビぴかスプレーのご購入はこちら⇒

エタノールで仕上げればカビ予防に

隅々までしっかり水洗いして、カビ取り剤を流したあとは、いよいよ消毒用エタノールの出番。
スプレーボトルに写して、カビの気になる部分にシュシュッと吹き付けます。

そのあとは、水分をしっかり拭き取ります。浴室乾燥を使うと早いです^^
これで、カビ対策も完了。

時間はかかるけれど、テレビのゴムパッキンもすっきり!

天井もさっぱり♪
この方法で、以前よりもきれいを長くキープできるようになりました。

コツ・ポイント

お風呂がピカピカになると、気持ちもスッキリ(笑)
あとは、週1ペースでエタノールをシュシュとしてカビを見ずに過ごしたいです。

DCMブランド カビぴかスプレー 520g
泡盛りが良く、お得な大容量のカビ取りスプレーです。泡が密着し、カビの奥まで浸透。隙間に生えたカビも根こそぎスッキリ落とし、しつこい黒カビもすっきりキレイ。192円(税込)
ご購入はこちら


RANKING ARTICLE