2018.04.24

梅雨前にやっておきたい、春掃除のすすめ|Do Create My Style

毎日忙しくても、家事から解放されることはありません。それならできるだけラクができて、美しい仕上がりが手に入るコツやワザを知りたい。そこでSNSで人気の主婦ブロガーの皆さんに、ご自分が実践している家事の裏技や時短テクをリレー連載で紹介していただきます。いますぐ実践できるアイデアがたくさん登場しますので、皆さんの暮らしに役立ててください。

人気ブロガーよしママさん
元小学校家庭科教諭。二人の小学生のママ。子どものハウスダストアレルギーで掃除にはまり、ブログ「節約ママのこだわり掃除」を始める。雑誌、WEBで節約や掃除ネタを随時更新中。著書には『家族が笑顔になるおそうじの魔法』(日本文芸社)がある。

日本のすす払いや大掃除と言えば、年末ですよね!しかし、欧米のすす払いは春に行うのが主流だといいます。
実は 私も年末やりきれなかった場所を中心に、少し暖かくなった春先に大掃除をするようにしているんですよ。
気候が良いので汚れ落ちもいいし、水も冷たくないので掃除がスイスイ!また梅雨前にしっかりと掃除をしておけば、カビの発生を抑えることもできるので、もしかしたら大掃除は冬よりも適しているのでは?と思うほど♪みなさんも春掃除を試してみてくださいね。

では、私の春掃除におすすめ5つの掃除ポイントをご紹介します。

1 換気扇

年末には寒さで堅くなり、取りきれなかった油汚れ。
温かさで汚れがゆるむこの春は掃除のチャンスです!


お湯に溶かしたセスキにつけ置きしてから磨くと、スルッと簡単に油汚れを落とすことができます。この時期はお湯が冷めにくいので、冬よりも短時間で油を落とすことができます。
その際、バケツの後片付けの手間を無くすために、私は段ボールにごみ袋を二重に掛けて、そこへお湯を入れるようにしています。

2 風呂のカビ取り

ついついさぼりがちなのがお風呂の排水口のカビ汚れ。
エプロンを外した浴槽下のカビは、気温が上がってくるとヌメリや異臭が…。そのまま放置しておくと、汚れがこびりついて簡単には落とせなくなります。
そこで浴槽の床や排水口などを一気にピカピカにする方法をご紹介します。

排水口に栓をして、そこにお湯を少し張ってからオキシクリーンを溶かして漬け置きします。これで排水口、浴槽下、床の汚れを一気に落とすことができるので時短ですよ。


排水口の栓がない場合は、ビニール袋に水を入れてから口を縛り、それを排水口の上に置けば、栓の代用ができます。

オキシクリーンってなに?

塩素系じゃないのに、衣類のシミ・汚れを強力洗浄と消臭できる酸素系漂白剤です。
塩素系漂白剤とは違って、ツンとした刺激臭も無く、色柄物にも安心して使えます。
洗濯槽の汚れやカビの除去や、カーペットのシミ抜きやタイル目地の汚れなど、幅広いお掃除に活躍します。

3 下駄箱やクローゼットの乾燥

寒い時期は結露が起きて、湿気がこもったままの玄関。
そのままにしておくと、梅雨時に靴が湿気でカビてしまうことも…。実は私の靴もカビが生えてしまったことがあります💦

そこで春先の天気の良い日は靴を日陰干しして、下駄箱の中にも風を入れて乾燥させておきましょう。
その後、除湿剤を入れておくと梅雨を迎えても安心です。
また押し入れやクローゼットも玄関同様に湿気がこもったままになっているので、お天気のいい日に風を入れて乾燥させておくとよいでしょう。

除湿剤のご購入はこちら

4  カーテンのカビ取りと洗濯

冬は窓に結露が付きやすく、その影響で湿気を含んでしまっているカーテン。
このままにしておくと、さらなる梅雨の湿気でカビが発生したり、カビ臭くなってしまいます。その前に洗濯をしておくことをおすすめします!


すでにカビが生えてしまった場合は、オキシクリーンなどにつけ置きすると除菌、漂白ができますよ。

もしカビが生えてしまったら!

カーテンを縦に蛇腹に長細く折って、さらにそれを蛇腹に折り畳んで、洗濯ネットへ入れます。
ぬるま湯4ℓに対して、酵素系漂白剤のオキシクリーンなどを約大さじ2(30g)溶かしてつけ置きをします。1時間ほどつけ置きしたら、つけ置き液ごと洗濯機へ入れて、水量に合わせた衣類用洗濯洗剤を投入。洗濯絵表示に沿って、デリケートコースか通常コースに設定しましょう。そのとき、脱水時間を通常より短めにするとシワになりにくくなります。
脱水後はカーテンにフックを取り付けて、カーテンレールに吊るして乾燥させます。

5  家具の裏のG対策

大っ嫌いなゴキブリの名を口にするのもイヤなので、ここではGと呼びますね💦
G対策は活発に動き出す夏前に行っておきたいですよね。市販の毒エサタイプの駆除剤を利用している人も多いと思いますが、駆除剤を置く前にホコリを取り除いておきましょう。


Gはホコリが大好き!その中に卵や卵の抜け殻などがあることも…。ホコリをしっかり取り除いて、Gが住みにくい環境にしておくことが大事です!
またそんなときに家具の裏に死骸が…!!なんてこともあるかもしれませんが、この機会にしっかり処分しておきましょう。

駆除剤はキッチンだけでなく、洗面所やクローゼット、子供部屋など、全ての部屋に設置して逃げ場を無くしてしまいましょう。外からの侵入を考えて、玄関にも駆除剤を置いておきましょう。

春掃除のおすすめ5つの掃除ポイントを紹介しましたが、いかがでしたか。
年末に大掃除ができなかった場所を中心に、梅雨に向けてやっておきたい掃除をセレクトしました!
新たなスタートとなる春だからこそ、お家の中もスッキリしてみませんか。

年末よりも暖かくなってからの方が汚れが落ちやすいよ!というのは、くらしメイドの中でも沢山の事を教えてくれてる家事の専門家の藤原千秋さんも言っていたゾ!
ブロガーさん教えてくれた5つのポイントを活かして、梅雨に向けての春の大掃除頑張るゾ~!
何だかウキウキワクワクやる気が出て来たンダ~♪

買っておくと便利!

オキシクリーン

酸素の泡であらゆる汚れを強力洗浄&消臭するので、お洗濯からお掃除まで幅広く活用できます。キッチンの油汚れや茶渋、お洗濯時の汗ジミ、黄ばみ、泥汚れだけではなく、キッチン、お風呂場、流し台の様々な汚れを洗浄、消臭します。

 

 

DCMブランド 湿気取り 500ml 3個パック
押入れ・箪笥・下駄箱など湿気の多い場所に!たっぷり除湿の500mlサイズ。 181円(税込)
アイテム詳細へ


RANKING ARTICLE