2018.05.01

メガステーキも燻製も♪ BBQの楽しさ広がるフタ付き・丸型バーベキューコンロ|「奥が深~い★DCMブランドの世界」

「BBQをもっと楽しく、もっと手軽に」そんな思いから開発されたDCMブランドの「丸型バーベキューコンロ フタ付き」。これ1つでBBQの楽しみ方が変わります。どんなことができるのか、主婦3人で試してみました!

BBQマンネリ問題はフタで解決?!

参加したのは同僚で主婦仲間のMとH。30代後半から40代前半で、BBQは「年に1、2回やる程度」という面々です。「フタ付き・丸型BBQコンロで作りたい料理」というお題で食材を持ち寄りました。指南役はDCMレジャー用品担当の八巻直大バイヤー。長身のハンサム・ジェントルマンです。

八巻バイヤー(以下、八巻):みなさんBBQではいつも何を焼きますか?
記者:焼き肉用の肉やウインナー、野菜。あとは海老やホタテくらいですかね…。
H:うちも。いつも同じでBBQというか「アウトドア焼肉」。
M:しかも全部焼肉のタレで食べてる(笑)。
八巻:コンロにフタがあるとBBQ料理の幅が広がりますよ。さっそく試していただきましょう!

DCMブランド「丸型バーベキューコンロ」
価格:3,218円(税込)
商品サイズ:組立後の本体/(約)外径43.5×高さ59cm、網/直径(約)41cm
約4~6人用・野外用
アイテム詳細へ

工具も力も不要♪ 女性でも組み立てられる

八巻:では、組み立ててください。
記者:えー…そこから? こういうの苦手なんですよね~(目で助けを求める)。
八巻:みんなで協力するのがBBQの醍醐味です。

紳士な微笑みに負け、仕方なく組み立て開始。とりあえず箱の中身を出してみました。

まず、フタと本体にそれぞれハンドルと通気孔をつけ、本体には脚をつけます。

脚に車輪と棚網、炭受けプレートを取り付け、最後に目皿とBBQ網をのせれば完成。

Mが説明書を読み上げ、Hが部品を手渡し、記者が組み立てるという連係プレーで所要時間はおよそ15分。すべてネジやナットでとめられるので工具はいりません。一度組み立てたら脚を外すだけでコンパクトに収納でき、次回からは数分で準備OK。

キャスターで転がして移動し、いざ、火起こし開始!火起こし器 があれば素人の私たちでも簡単です♪

蒸し焼きで分厚い肉もカリっとジューシー

いよいよ焼き始めます。料理上手のHが持ってきたのは…「牛ステーキと骨付き鶏モモ肉、豚のスペアリブです。とにかく豪快に焼きたい!」

おお、本格的! 中までちゃんと火が通るかな…?

両面に焼き色がついたらフタをします。「外は黒焦げ、中は超レアってありがち…」と不安げな面々に対し、「蒸し焼きにするから大丈夫」と余裕の八巻バイヤー。

待つこと数分。焦げてない! 切ってみると、中もほんのりピンクでいい感じ。肉汁がジュワッと口の中に広がります。

火が通りにくい骨付きの鶏モモ肉も、皮はパリッ、中はしっとり♪ 蒸し焼き効果を実感しました。

丸型だからみんなで囲める♪

続いてムードメーカーのM。「コンロの形を意識して、カマンベールフォンデュです♪」 ん? どういうこと…?

バゲットや野菜など好きな食材を串にさし、溶かしたカマンベールチーズを絡めて食べます。「いいですね! 囲みやすいのも丸型のメリットです」と八巻バイヤー。なるほど、これならみんなで楽しめます。

蒸し効果で野菜の甘みを引き出す

記者が提案したのは、アルミホイルでつくるパエリアと「パプリカのボート焼き」、ジャガバターです。この日に備えてBBQの達人、たけだバーベキューさんのレシピ本でひそかに研究しました。

パエリアはアルミホイルに米と具材を載せて、市販の「パエリアミックス」を混ぜた水を注ぎ、全体を包みます。今回は破れにくい「DCMブランド 極厚アルミホイル 」を使いました。

パプリカのボート焼きは、マッシュポテトを詰めたパプリカにベーコンとピザ用チーズをのせ、卵を落とします。

ホイルに包んだジャガイモもコンロに並べ、フタをします。炭を足し忘れてやり直し(汗)というハプニングもありましたが、なんとか完成。パエリアもふっくら炊けました!

とろっとした黄身と焼きパプリカの凝縮された甘みが絶妙です。アルミホイルとフタのダブルの蒸し効果でジャガイモもホックホク♪

コンセプトは「手軽にいろいろ楽しめる」こと

八巻バイヤーの一押しは燻製。スモークウッドに火をつけ、網を載せると食材を次々と並べていきます。スモークしている間にお話を聞きました。

―――丸型でフタ付きのBBQコンロって、ありそうでなかった商品ですね。
そうなんです。欧米では一般的ですが、日本は角型でフタがないものが主流。「うちで作ってみたらどうだろう」という開発担当者の提案に、「いいね、面白い!」と皆が賛成して、開発がスタートしました。

―――確かに、アウトドア雑誌で見たおしゃれなフタつきコンロは海外製でした。
憧れますよね。でも1万円を下らない。もっと気軽に楽しんでいただきたいと、税抜2,980円というロープライスを実現しました。

―――お手頃ですね! BBQのハードルが下がります。
価格はもちろん、組み立てや使い勝手の面でも手軽さを重視しました。ここ数年、BBQの幅広い楽しみ方を提案しようとさまざまな商品を展開してきましたが、燻製や蒸し焼きが手軽に楽しめるこのコンロはその集大成とも言えます!

―――私たちも今日、フタ付きのよさを実感しました。
嬉しいです。焼肉もいいけれど、次はステーキ焼いてみようとか、燻製に挑戦しようとか、何回やっても新鮮で楽しい。そんなBBQを多くのお客様に体験していただきたいです。

話しているうちに、いい香りが…。「そろそろいいかな? 開けてみましょう」と八巻バイヤー。

チーズに卵、ベーコン…いい色に仕上がっています。おいしい! ビール何杯でもいけそう(笑)

ステーキにパエリア、燻製…と、焼肉だけじゃないBBQの魅力を再発見。帰宅すると、飛びついてきた息子が「ママのお洋服、ハムのにおいがするよ?」 す、鋭い…ママだけ楽しんでごめんね。今度は家族でBBQしよう! 今年はBBQの回数が増えること間違いなし♪ 次は何を作ろうか、と考えるだけでワクワクします。

今回のモニター商品詳細へ


RANKING ARTICLE