2018.07.10

誰でもかんたんにピカピカ!時短ワックスがけのすすめ|Do Create My Style 

人気の主婦ブロガーが家事ワザを伝授!自分らしい暮らしの作り方

毎日忙しくても、家事から解放されることはありません。それならできるだけラクができて、美しい仕上がりが手に入るコツやワザを知りたい。そこでSNSで人気の主婦ブロガーの皆さんに、ご自分が実践している家事の裏技や時短テクをリレー連載で紹介していただきます。いますぐ実践できるアイデアがたくさん登場しますので、皆さんの暮らしに役立ててください。

人気ブロガーよしママさん
元小学校家庭科教諭。二人の小学生のママ。子どものハウスダストアレルギーで掃除にはまり、ブログ「節約ママのこだわり掃除」を始める。雑誌、WEBで節約や掃除ネタを随時更新中。著書には『家族が笑顔になるおそうじの魔法』(日本文芸社)がある。http://kodawari-souji.blog.jp/

ワックスがけと言えば、年末の大掃除のイメージを持っている方も多いと思います。
実は梅雨が明けて、暑くなり始める時期がベストシーズン!
暖房用家電や絨毯、ラグなどが片づけられている夏場は、ワックスがけがしやすい環境の上、ワックスが乾きやすいので短時間で終えられます。

ワックスは、新築の頃のようなピカピカな床にしてくれるだけではなく、ホコリを吸着しにくくするので、掃除機でも簡単にホコリが吸えるようになります。
またワックスという薄い膜が床をガードして、フローリングが傷つきにくくなる効果も。
ワックスが必要とはわかっていてもちょっと面倒という人は、手軽にワックスがけができる「ワックスシート」を活用しましょう。
実は私もシート派!ムラになりやすいワックスなら、手軽に、短時間で行えますよ。
それでは我が家の簡単ワックスがけ方法をご紹介します!

まず、準備をしましょう!

用意するもの

・フローリング用ワイパー
・ワックスシート(個封タイプがおすすめ)
・掃除機
・ゴム手袋や使い捨て手袋など

※今回使用した「オールワックスシート」は、フローリング床(樹脂塗装された木製の床)、ビニール製の床にも使用可能です。我が家はビニール製の床になります。
フローリングの床材によっては、ワックスがけができない場合もあるのでご確認くださいね。

オールワックスシートのご購入はこちら

ワックスをかける前にしておきたいこと

ワックスがけをする場所を決めたら、まずは掃除から始めていきます。
ワックスシートには汚れを取り去る効果もありますが、あらかじめ掃除をしておいた方が仕上がりはより美しくなります。

1.ワックスがけをする場所の家電などを動かしておきます。


2.モップをかけて細かいホコリを取ります。

3.掃除機をかけます。

床の汚れが目立つ場合は、掃除機の後に水ぶきを。また掃除からワックスがけまでを1日で行うのが大変な場合は、前日までにモップがけまでするなど、作業を分けてもいいでしょう。

いよいよワックスがけです!

掃除が終了したら、早速、ワックスをかけていきます。

4.ワックスシートをワイパーに取り付けます。ワックスがけは部屋の奥からスタートし、扉へ向かって進めます。

ワックスはムラになりやすいので、最初は軽く早く滑らせて、その後にワックスを広く伸ばすようにしていきます。
そのとき、フローリングの板の目に沿って動かしていくときれいに仕上がりますよ。
ワックスが少なくなってくる後半は、少し強めに押すように。

最後は、ワイパーに折り込んだ部分に残ったワックスも使い切るために、ワイパーから外して部屋の隅までピカピカに☆

5.約20分乾かします。

6.1度でも十分キレイになりますが、二度がけをするとより美しい仕上がりになります。
その際はワックスが薄い場所を中心に。

7.さらに約20分乾かして完成です。

終わりに

手がけのワックスは仕上がりは美しいですが、やはり重労働(^-^;
しかしシート式なら、乾かす時間を含めても、6~8畳分の広さが1時間弱で終わるので断然手軽!2度がけもラクラクです♪
シート式は使いきれない場合にも保管ができる個封タイプがおすすめです。

ワックスがけのときは家具を動かさないといけない!と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、家具の下はワックスがほとんど剥がれていないので、無理に動かさなくても大丈夫ですよ!キッチンや洗面所の水まわり、ダイニングテーブルの下など、普段家族がよく集まる場所を中心に行えば、さらに負担は小さくなります。

ぜひこの夏、時短ワックスがけをお試しください!

*ワックスは何年も重ね塗りしていくと黒ずみが目立ってくる場所があります。古いワックスを剥離剤で剥がしてからワックスをかけたり、心配な方は数年に一度はプロにお願いしましょう。

お家で簡単にワックス掛けできるのは便利なンダ♪
ワイパーを使うとムラも少なくて作業が気持ちいいヨ☻
ピカピカのお家が楽しみ~(´▽`)
普通の液体ワックスも使えるワイパーもおススメだヨ!

ボクのおすすめ!買っておくと便利!

リンレイ オール ワックスシート 4枚

はじめてでもムラなくキレイに仕上がるワックスシート。特殊な「3層構シート」によりワックス液がたっぷりと浸透しているので、ムラなく均一に仕上げられます。乾燥時間はボトルタイプの1/3の10分で乾燥するので、簡単にワックスがけができます。乾燥を防ぐ個装タイプ。各社ワイパーに対応。510円(税込)

リンレイ オール 床用樹脂ワックス 500ml
さまざまな床に使える、ベーシックタイプの樹脂ワックス。クッションフロアやビニール床などの化学床、Pタイル、フローリング床などさまざまな床に使えます。
DCMブランド ワックス掛けワイパー 伸縮柄
楽な姿勢でワックス掛けができるワイパー。サイズ:全長約71〜115cm シート1枚、ワックストレイ付。 1,077 円(税込)


RANKING ARTICLE