2017.04.12

たまごの枠を超えたエッグスライサー活用術

うさこの靴下しか履きたくない3歳娘。うさこ靴下を毎晩手洗い中の母。

たまごを刻むのがめんどくさい…
たまごの枠を超えたエッグスライサー活用術

 

こんにちは、りおです。

最近、ひょんなきっかけで娘がたまごサラダにはまりました。

いままではたまごを敬遠していただけに、母としてはうれしい限り。(*^▽^*)

と同時に、悩みも生まれました。

print bar

 

たまごサラダ一つとはいえ、新鮮感を保つためいろんなレシピにチャレンジし始めた最近。

共通して言えるのは、

これまで目玉焼きや厚焼きしか作ってこなかった私にとって、たまごを刻むのが大変!

まな板も包丁も汚れるし、洗うのがまた面倒...

vol.38_1

なんかいい方法を見つけなきゃ!

 

いろいろ調べたら、これなら楽そう!

ゆでたまごをスライスするエッグスライサーで、スライスではなくみじん切りに挑戦!

vol.38_2-1

まずは普通にスライス。

vol.38_2-2

スライスされたたまごをそっと持ち上げて、縦にセットしもう一回切る!

はみ出しそうになる時もあるから、指で軽く支えてあげると切りやすい。

vol.38_2-3

するとこんな感じに。

vol.38_2-4

なんか、気持ちいい。

卵白は少し縦長のもありますが、調味料と混ぜるときにスプーンなどで崩せばOK!

vol.38_3-1

包丁やまな板を出さなくてもいいし、

エッグスライサーは使用後すぐ水につけておくと、流水だけで結構ラクに洗える。

いい感じのたまごサラダができました!

vol.38_3-2

エッグスライサーはたまごだけでなく、ほかもいろいろ切れそうなので、やってみました。

イチゴとキウイを切ると、

vol.38_memo01

見栄え抜群!トッピングとしてもバッチリ❤。

モッツァレラチーズは柔らかく、包丁で切るのが大変ですが、

これもエッグスライサーで↓

vol.38_memo02

たまごを刻む要領で切っていくと、サラダに混ぜるサイズにするのも簡単!

例えばこんなレシピもできそうです。


RANKING ARTICLE