2018.03.05

時短で栄養いっぱい!春の昼食はお弁当にしよう|旬を味わう♪簡単おうちごはんレシピ

旬の食材や、あるとグ~ンとレパートリーが広がる便利なツールを使って、簡単、でも見栄えも素敵な季節のオリジナルレシピ。
暮らしのアイデア投稿サイト「暮らしニスタ」で活躍する3人の料理の達人がご紹介します!

今週のテーマは、お弁当。この春からお弁当作りがスタート!という人にも、メニューが最近マンネリ気味・・・という人にもおすすめ!前日のちょっとした準備やオーブントースターを使って、時短&栄養いっぱいの春らしいお弁当です。

 

春野菜たっぷりCAFEのDELI風お弁当

レンジにおまかせ!の簡単肉巻きは、お肉に片栗粉を加えた調味料を揉みこむことで、冷めてもしっとり柔らか。アーモンドの食感とクリームチーズのアクセントがおいしいかぼちゃサラダや、時間がたっても桜えびの食感が楽しい、ほんのりバター風味の春色ごはんで、おしゃれなDELI風お弁当の完成です ♪

材料【1人分】

【A】 菜の花とにんじんの肉巻き
豚肩ロース薄切り・・・80g
菜の花・・・30g(1/5束程度)
にんじん・・・30g(1/4本)
☆しょうゆ・・・大さじ1/2
☆砂糖・・・大さじ1/2
☆片栗粉・・・大さじ1/2
【B】新じゃがでベイクドポテト
新じゃが・・・100g(1個)
塩・・・少々
オリーブオイル・・・適量
粉チーズ・・・小さじ1
ブラックペッパー・・・少々
【C】クリームチーズ入りカボチャサラダ
かぼちゃ・・・80~100g
マヨネーズ・・・大さじ1弱
砂糖・・・ひとつまみ
クリームチーズ・・・18g(1㎝角程度)
レーズン・・・大さじ1
アーモンド・・適量
【D】桜えびとコーンのピラフ風春ごはん
ごはん・・・1合分
桜えび・・・大さじ2~3
コ-ン・・・大さじ2
バター・・・10g
塩・・・少々

作り方

【A】

1)☆の調味料を合わせて、お肉に軽くもみこむ。

2)1)の豚肉を広げ、長さを半分に切った菜の花と、千切りにしたにんじんを軸にしてしっかり巻く。

3)熱が均等に入るよう、写真のように耐熱皿に円になるように並べ、ラップなしで600wで2分30秒加熱する。

【B】
1)新じゃがを皮ごとラップに包んで600wのレンジで2分加熱する。粗熱がとれたらラップをはずし、4~6等分に切る。

2)塩少々とオリーブオイルをかけ、トースターで約8分焼く。

3)熱いうちに粉チーズをまぶし、お好みでブラックペッパーをふる。

【C】
1)ひと口大に切ったかぼちゃにラップをかけ、600wで(100gあたり2分)加熱する。

2)冷めたらラップをとり、残りの材料をすべて和える。クリームチーズは形が残るくらいに混ぜる。

【D】

1)炊いたごはんに、材料をすべて混ぜる

レシピ考案:おくやままさみ

ふだんの毎日の生活を身近なもので、お金をかけず、楽しく、家族や遊びに来てくれる友達がわくわくしたり、おもわずにっこりなるような、シンプルなものを、自分らしく作るのが大好きです。10才の娘と13才の息子の母です。
https://kurashinista.jp/user_page/detail/555

 

 前日の下準備で朝は時短!春の味覚・うさぎちゃん弁当

お弁当は品数も多いので、朝に全部を作るのは大変!茹でたり、切ったり、下味をつけたりの下準備を前日に済ませておけば朝は仕上げだけに。ぐっと楽になりますよ~♪

材料【1人分】

【A】鶏むね肉と菜の花の胡麻マヨ和え
茹で鶏・・・25g
ねぎ(青い部分)・・・10cm
菜の花・・・25g(2本)
茹で汁・・・小さじ2
白ごま・・・大1
マヨネーズ・・・大さじ1
塩こしょう・・・少々
スイートチリソース・・・少量(お好みで)
【B】アスパラのベーコン巻き&しめじ炒め
アスパラガス・・・1本
ベーコン・・・1枚
しめじ・・・10g
【C】カニカマとねぎの卵焼き
卵・・・1個
カニカマ・・・1本
細ネギ・・・10cm
白だし・・・少々
砂糖・・・小さじ1
【D】筍のから揚げ
たけのこ(水煮)・・・30g(食べやすい大きさ3切れ)
しょうゆ・・・小さじ1/2
片栗粉・・・大さじ1/2
揚げ油・・・適量
【E】うさぎちゃん


うずらの卵・・・2個
かまぼこ・・・5㎜
のり・・・少々
ケチャップ・・・少々
乾燥スパゲッティ・・・1本
【F】お花
にんじん・・・5㎜幅の輪切り3切れ
かまぼこ・・・薄切り1枚
ぶぶあられ・・・3粒
・いろどり
レタス、スナップエンドウ、ブロッコリースプラウト、いちご・ごはん(ふりかけ)

作り方

【A】
前日下準備
1)鶏むね肉と、ねぎを鍋に入れ、肉が十分被るくらいに水を入れる。クッキングペーパーを落としぶたにして火にかける。沸騰したら弱火にして10~12分茹で、茹で汁に付けたまま冷ます。
※お弁当分の少量ではなく、鶏むね肉1枚で茹でた方が作りやすく、美味しくできます。水から茹でて、茹で汁に付けたまま冷ますことで、しっとり柔らかく仕上がります。

2)菜の花を茹でて冷水につけて色止めをする。絞って5cm幅に切る。
当日仕上げ
3)茹で鶏を食べやすい大きさに割く。

4)白ごまをする(すりごまを使用してもOK)。

5)茹で鶏、菜の花、白ごま、マヨネーズ、塩こしょうを和えて完成。お好みでスイートチリソースをかける。

【B】
前日下準備
1)アスパラガスの下の方の皮をピーラーでむき、下半分のはかまも取る。

2)4つに切って茹でる。

3)ベーコンを巻く。

当日仕上げ
4)フライパンで焼く。しめじも一緒に炒め、塩こしょうで味を調える。

【C】

1)カニカマとねぎを小口切りにする。

2)卵に1)の調味料を一緒に混ぜてかたちが整うように卵焼きを焼く。

【D】
前日下準備
1)水煮のたけのこを切って醤油で下味をつける。

当日仕上げ
2)1)のたけのこに片栗粉をまぶす。

3)フライパンに揚げ油を1cmの深さくらい入れてたけのこを揚げる。

【E】

前日下準備
1)うずらの卵を茹でて殻をむく。

当日仕上げ
2)かまぼこを型抜きや太めのストローを使って、耳・鼻周りを型抜きする。

3)うずらの卵の1つは尖った部分を少し落として、乾燥スパゲッティで2つのウズラの卵を刺して固定する。同様に耳や鼻周りも刺して固定する。(スパゲッティは時間が経つと食材の水分を吸って違和感なく一緒に食べられます。)

4)海苔をパンチなどでカットし、顔のパーツを作ってはる。

5)ケチャップをほっぺに塗って完成♪

【F】
ゆでたにんじんとかまぼこを型抜きして重ね、乾燥スパゲッティで刺して固定し、ぶぶあられを付ける。

レシピ考案:よんぴよまま

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで挑戦しています。お弁当作りやスイーツ作り、お花、ラッピング、お料理や生活全般に活用できる精油を学び実践しているところ。以前から開催しているキャラ弁やクラフト、アロマ教室に新たにJSAフラワーケーキ認定講師としての教室もスタートさせました♪
https://kurashinista.jp/user_page/detail/910

トースターを使えば一度で3品完成! 春の野菜たっぷり弁当

 

「アボカドとツナの揚げない春巻き」、「パプリカのごま炒め」、「アスパラとマッシュルームのグリル カレー風味」の3品をトースターで一度に調理する時短弁当です。春キャベツを使った簡単まぜご飯と、当日でも作れる大根の塩桜漬けを添えた、春らしいお弁当をどうぞ。

材料【1人分】

【A】春キャベツとおかかチーズの混ぜご飯
ご飯・・・1/2合
キャベツ・・・50g (外側に近い葉1/2枚)
プロセスチーズ・・・30g
鰹節・・・適量
醤油・・・小さじ1
【B】大根の塩桜漬け
大根 ・・・2cm程度(60g)
塩 ・・・ふたつまみ
桜の塩漬け・・・1個
【C】アボカドとツナの揚げない春巻き
春巻きの皮・・・2枚分
アボカド ・・・1/2個
ツナ缶 ・・・1/2缶
水溶き小麦粉・・・小麦粉小さじ1、水小さじ1
油・・・小さじ2程度
【D】パプリカのごま炒め
パプリカ(赤・黄)・・・各1/8個
オリーブオイル・・・小さじ1/2
すりごま ・・・小さじ1
塩 ・・・少々
こしょう・・・少々
【E】アスパラとマッシュルームのグリル カレー風味
アスパラ・・・1本
マッシュルーム・・・1個
カレー粉・・・少々
塩 ・・・少々

作り方

【A】

1)キャベツは1cm角、プロセスチーズは5mm角に切る。

2)温かいご飯に、1)のキャベツ、プロセスチーズ、鰹節、醤油を入れ、混ぜて弁当容器に入れ、蓋をして5分ほど蒸らす。

3)蓋を取り、粗熱を取ってから再度蓋をする。

【B】

1)大根の皮をむき、薄いいちょう切りにし、ビニール袋に塩と一緒に入れ、ビニール袋の外から手で1分ほど揉む。桜の塩漬けを入れて軽くもみ、そのまま15分ほど冷蔵庫に置く。

2)ぎゅっと水気を絞り、弁当容器に盛る。

【C】

1)アボカドは半分に切って種を取り、皮をむいて1cm角に切る。ツナ缶は水気を切っておく。

2)春巻きの皮に1)の具をのせ、巻く。巻き終わりに水溶き小麦粉を塗り、閉じる。

3)刷毛で油を塗り、トースターにのせ、5分ほどこんがりするまで焼く。

【D】
1)パプリカは種とヘタを取り、5mmの細切りにし、長さを半分に切る。

2)オリーブオイルで和え、トースターにのせる。

3)トースターで焼いたら5分ほどおく。

4)すりごま、塩、胡椒を振って和える。

【E】
1)アスパラは根元を落とす。マッシュルームは石づきを落とし、半分に切る。

2)トースターにのせ、5分ほど焼く。

3)アスパラを適度な大きさに切り、マッシュルームとピックに刺し、カレー粉と塩を振る。

※アスパラはピックに刺してから焼くとピックが焦げたり溶けたりするので、1本のまま焼いてからお弁当箱の大きさに合わせて切る。

レシピ考案:増田陽子

キッズ食育トレーナー。中食企業で店舗管理、メニュー開発経験後、結婚を機に幼稚園へ転職、赤ちゃんカフェの調理師を経て現在食育と料理の仕事をしています。 2児の母で、ブログは行事食やレシピをご紹介するとともに、食を通じて、子育てを少し楽にするお手伝いができるように心がけて書いています。
https://kurashinista.jp/user_page/detail/3689

このお弁当箱を使っています!

DCMブランド 縦横保温弁当箱 アイボリー/640ml
ごはんを保温できる真空構造。縦横兼用なので、バッグに入れやすく持ち運びに便利。ごはん容器、おかず容器は電子レンジの使用OK(ふた・保温容器は外す)。縦にも横にも使える兼用ポーチ付き。1,922円(税込)
アイテム詳細へ

このお弁当箱を使っています!

DCMブランド 縦横保温弁当箱 ネイビー/840ml
上記のアイボリーにくらべるとたっぷりごはんの入るネイビーは育ちざかりのお子さんや、しっかり食べたいお父さんに。2,138円(税込)
アイテム詳細へ


RANKING ARTICLE