2018.06.08

第15回「季節を慈しむ 保存食と暮らし方 暦の手仕事」~ 夏の作り置き|目指せ家事達!くららの目ウロコ主婦修業

こんにちは、くららです。 日に日に日差しが強くなっていますね。早くも気温変化と暑さにやられ気味です。 食べ物もあっという間に痛むので、ズボラの定番、作り置き料理、特にカレーに逃げにくい事態になってきました!困った!(笑)

さて、今回は中川たまさんの「季節を慈しむ 保存食と暮らし方  暦の手仕事」の中から 夏の作り置きを試してみました!

今回修業した感想

漫画の中でもお伝えしましたが、著者の中川さんは季節を丁寧に追っていて、ふとした時間を楽しんだり、四季折々の料理を作っておられるので、時間に追われながら毎日をなんとかドタバタとこなしている私には、本を読んだ直後は正直、すごくハードルが高く感じられました(笑) 。
これまでタケノコも「食べればおいしいけど、夫の実家から送られてくる処理が大変なモノ」 でしかなかったのです (汗) 。

でもスーパーの陳列棚に並ぶ「いつもの無難な定番」だけでなく、意識して「旬」の食材に目を向けるだけで、季節の移り変わりが新鮮で、ワクワクするんですね。 今から美味しい食材が増える秋が楽しみです(n*´ω`*n)

そうそう、実家の母に早速「枝豆しらすレシピ」を教えたところ、実践してみてくれたのですが、オリーブオイルに慣れない人にはちょっと癖が強かったみたいです。オリーブオイルの香りが苦手な人は、若干香りが弱めな国産をおすすめしま~す!

私が修業した本はこちら!

「季節を慈しむ 保存食と暮らし方  暦の手仕事」中川たま著 日本文芸社
料理のレシピ本ぽくない、フォトエッセイのような丁寧でオシャレな本です。 昭和=子供のころの懐かしさを感じる雰囲気のある写真で、普通の定番料理すら美味しそうに見えてしまう不思議! 食事の支度に慌ただしく追われる忙しい時ではなくて、時間の余裕があるときに、小説を読むようにゆっくり楽しみながら読みたい本ですね。

くらら/いとうくらら

出版・広告業界の片隅に生息するヒキコモリ気味の兼業主婦。現在は「くららんち。B型夫婦と猫二匹の生活」の更新や、WEB媒体にて漫画連載をメインに活動しています。

ブログ書籍化本「B型夫婦の日常」(いとうくらら名義)

ブログ http://clala.blog.jp/

Twitter https://twitter.com/b_clala

Facebook https://www.facebook.com/clalablog


RANKING ARTICLE