2017.11.25

手荒れもストレスも減る!効率的なおすすめ食器洗い方法

毎日の生活の中で、必ずといっていいほどやらなければいけない家事の1つに「食器洗い」があります。食洗機の普及により、自分ではやらないという人もいるかもしれませんが、まだまだ自分で洗っている人も多いはず。

そんな食器洗いについて、油を使ったあとの調理器具を洗う時などは、1度の洗浄では落ちず、何度も洗剤を継ぎ足しながら泡で洗い、気がついたら手がカサカサということも。でも、実はこういった泡洗いをしている国は世界的にみても少数派で、多数は原液を薄めた液に浸けながら洗うんだそう。

現に、食器用洗剤はもともと薄めて使うことを前提として開発されているんです。この洗い方により、手は荒れにくく、洗剤液に入れた食器からは時間とともに汚れが浮いて、こすり洗いが必要ないくらいきれいになります。また、食器洗いが終わるまで洗浄力を持続しているので、洗剤の継ぎ足しは一切ナシ。泡を作らなくていいので「泡がへたる〜」というストレスもありません。

そこで、手荒れもストレスも減る、薄めた洗剤に浸ける食器洗い方法をお教えします!

必要なものはこちら!

材料

洗い桶・・・1個
予洗い用桶・・・1個
食器用洗剤・・・適量
食器洗い用スポンジ、予洗い用柄つきスポンジ・・・各1個

薄めた洗剤につけておくのがミソ

1)食事の支度が終わったら、食器洗いの準備スタート。

食器洗いの準備は「いただきます」の前にやってしまいます。

用意するのは『洗剤液で満たした洗い桶』『洗剤液の入った予洗い用の桶&柄つきスポンジ』です。

これをセットしておくことで、家族に食事後の自分が使った食器を予洗いまでして、洗い桶に入れるところまでしてもらいやすくなります。

こういう協力も家事を楽にする方法のひとつですよね。

2)食器を沈ませて15〜20分待つ

全部の食器が洗い桶に移動したら最終チェックをします。食器が洗剤液からはみ出ないようにしながら、そのまま15〜20分洗剤液に浸けておきます。

予洗いしたことで食器に残るのは油膜のような薄い汚れだけなので、この待ち時間に洗剤液が働いてくれ、汚れを剥がしとってくれます。

3)指で確認しながら食器を取り出す

20分ほど経ったら、汚れ落ちを指で確認してみます。キュッキュッと音が鳴るくらいになっているのが触ってわかると思います。

泡洗いだと食器の内側、外側、縁、底と全面をこすり洗いしなくてはなりませんが、この洗い方だと待つだけでその作業が終わってしまいます。予洗いが甘かったり、食器の重ね具合で汚れが残ることもあるので、スポンジ片手に指で確認しながら食器を取り出します。

汚れを見つけたら、洗剤液の中でスポンジでこすって落とします。再び指で確認して、キュッキュッとした感触になったら汚れが落ちたサインです。

お弁当箱の隅など、汚れが吸着して落ちにくいプラスチック容器でも、洗剤液の中でスポンジでこすり続けているとキュッキュッと落ちていきます。

4)ゆるい流水でタワーすすぎ

取り出した食器には、洗剤の泡はほとんどつかないので、すすぎもスムーズ。これにより、食洗機並みの使用水量になり、節水にも繋がります。

5)残った洗剤液で、シンク周りの掃除をしてフィニッシュ

残った洗剤液はまだまだ洗浄力があるので、食器を追加して洗うことも可能です。

食器洗いが全部終わった桶は、内側上部が浮いた油で汚れていることがあるので、スポンジに洗剤液を含ませながら桶の内側を洗い、そのまま桶の外側、シンク、時には排水溝も洗ってしまいます。

6)キュッキュッときれいに洗うポイントは“お湯”

洗剤の洗浄力がアップする温度は60度以上です。実際食洗機も60度前後で洗浄しています。また、動物性油脂を溶かす温度でもあるので、食器を洗うには理想的な温度です。

これにならい、洗剤液は60度以上のお湯で作ります。

熱湯は、給湯器から60度の湯が出るならそのまま使えますし、40度までが限界なら、やかんなどで沸騰させた熱湯と半々に入れると60度前後の湯が作れます。

60度の湯は、火傷はしないけれど手を入れていられない程度の温度。でも、食器を浸けている待ち時間の間に適度に温かい湯に冷めるので大丈夫です。

7)もうひとつのポイントは洗剤の量

溶かす洗剤は適量を守って計り入れます。

少し多い分にはいいのですが、入れる過ぎるともったいなく、少ないと洗浄力が足りません。

溶かす割合は洗剤ボトルの裏に、水1Lに対し0.6mlや2.5mlというように記載されているので参考にして下さい。

目安量を守るとコンパクト洗剤も自然派洗剤もほぼ同等な洗浄力になり、満足度もほぼ変わりません。

8)待てない人は温水や常温ですぐ洗える

夏の場合は60度のお湯は熱すぎるので、給湯器から出る40度前後のお湯だけで洗剤液を作っても洗えます。気温が高い夏は、食器に残る油脂が固まりにくいのでこの温度でも待ち時間にきれいにしてくれます。

また、急いで片付けたい場合は、この40度の温水や水道から出る常温水で洗剤液を作り、待ち時間ナシでも洗えます。

なお、低い温度で洗う場合は、できるだけ丁寧に拭き取りや予洗いをして、洗剤液の中で食器の全面をスポンジでこすり洗いします。指で確認してキュッキュッとした感触になったら汚れが落ちたサインです。

ただ、動物性の固形脂が多いおかずだった場合は、高温の洗剤液を作った方がすっきり簡単に洗えるので熱湯をオススメします。キッチングローブなどを使用すれば、冷めるのを待たなくても洗えます。

9)洗剤液を作る手順が後になっても大丈夫

洗剤液の準備は食事が全部終わった後でも大丈夫です。

その場合、予洗い済みの食器を桶に重ね入れた上に、適量の洗剤とお湯を加えます。

後からの方が、洗剤液が出来立て&熱々なので、よりすっきり洗い上がります。

来客があった日、食器を多く使った日、汚れが落ちにくい料理だった日、消毒をかねて高温で食器を浸したい日などは、手順を変えて対応します。

10)時間差家族にも便利

食事の時間が異なる家族でも、洗剤液を満たした洗い桶を用意しておけば、食べ終わりの食器も液の中でほぼきれいになっているのでストレスフリーです。

11)桶は数種類あると便利

普段使いとは別に、食器が多い日用などに数種類の桶も用意しておくと、洗いやすくて便利です。画像はソフトタイプのランドリーバスケットです。100円ショップなどで手軽に購入できます。

この洗い方のメリット

・手荒れしにくい

原液に直接触れることがないので手荒れがしにくいです。

・こすり洗いが軽く済む

洗剤液につけ置く間に汚れが剥ぎ取られるので、洗うのが面倒なスプーンの内側までピカピカです。こする必要がほとんどなく、簡単に終わってしまいます。

・泡を作らなくていい

食器洗いは泡が命!ではなく、この洗い方だと泡はむしろ不要。泡立ちが弱い洗剤でも気持ち良く洗えます。

・洗浄力の弱い洗剤でも融通がきく

「使ってみたら油汚れに弱かった」という洗剤でも、この洗い方で適量を使えば、お湯の力との相乗効果でキュッキュッと汚れが落ちます。

適量使ってもなお弱い洗剤だった場合は、2倍量を溶かせば他の洗剤と同等な洗浄力に引きあげることができます。

・すすぐ前に汚れ落ちがわかる

泡洗いだとすすいだ時の感触で汚れ落ちを確認しますが、この洗い方だとすすぐ前に汚れ落ちがわかるので「すすいだ後に洗い直し」という二度手間が激減します。

この洗い方のデメリット

・桶が必要

シンプルなキッチンを目指している人には、洗い桶の保管場所に頭を悩ますかもしれません。

・木製の食器やカトラリーに注意

水分を吸い込みやすい素材だった場合、長く浸けすぎてしまうと劣化の原因に。他の食器類とは別にした方がいいです。浸け置く時間は取らず、洗剤液の中でこすり洗いします。

・「石鹸」は不向き

「石鹸」は泡あっての洗浄力。台所用の液体石鹸であっても「石鹸」には変わりないので、大量の水に薄めて使うとその力が発揮できません。

コツ・ポイント

食洗機があれば楽々ですが、どうにか楽して食器が洗えないものかと試行錯誤した結果、この方法に辿りつきました。手荒れも軽減され、節水にも繋がるこの方法、ぜひお試し下さい。

アイデア考案:ねむンダさん


RANKING ARTICLE