2018.01.18

水切りカゴいらず⁈人気の『スッと水切りマイクロファイバーマット』|主婦モニターの品評会 気になる商品をお試し!

優れた商品と出合えれば、きっと料理・掃除・洗濯などの家事はもっと効率的に、もっと上手にできるはず。しかし何がいいの? その効果は? そんな声に応えて、注目の商品を主婦モニターの方々に使っていただき、その実力を紹介していただきます。

今週の注目商品
DCMブランド スッと水切りマイクロファイバーマット
超極細繊維が食器の水分をすばやく吸収します。器・グラスの一時置きにも便利です。サイズ:(約)30x45cm 321円(税込)
アイテム詳細へ

厚みがあってしっかりしているし、とっても丈夫!

主婦モニター① 森 麻紀さん
 名古屋市在住のライフオーガナイザー。背伸びしない・無理しない・リバウンドしない「自分にちょうどいい片づけ方」を実践しつつ、お客様への片づけサポートも行っています。2009年秋生まれの娘と主人の3人で賃貸アパート暮らし。
https://kurashinista.jp/user_page/detail/1857

我が家はいつも食洗機を使用していますが、食洗機に入れるほどでもない量の時は、サッと手で洗うこともあります。そういうときのために水切りカゴを用意していましたが、ちょこっと洗いくらいなら、カゴよりもこのスッと水切りマイクロファイバーの方が場所も取らないし、絶対お手軽な気がしました。水切りカゴがなくなったら、調理台は広々使えそうですね。

洗い物の後の一拭きが断然ラクになりますよ

娘が洗い物のお手伝いをしてくれるときは、水切りカゴだと高さがあるので、普通のふきんを敷いてその上に置いてもらっていました。しかし普通のふきんでは、あっという間にビショビショになるし、最後にふきんから染み出した水を拭き取らなくてはならず、かなり面倒でした(汗)
しかしこれなら、水気をしっかり吸い取ってくれるし、厚みもあるのでクッションにもなってくれて、子供が多少乱暴に置いても割れる心配がなく、食器が滑ることもありませんでした。やっぱり水切りカゴはいらないかな!?

私のお気に入りポイント!

・厚みがあり、食器が傷つく心配がない
・洗濯機で洗える!
・水分の吸収が早い

柄あり!がちょっと残念です。できればシンプルな無地を作って欲しいと思いました。

【編集部注】
森さんに使っていただいたのは模様入りでしたが、無地の販売もしています。下記の商品詳細でもご紹介していますので、お好みで選んでくださいね。

サイズが大きいから、お鍋だって大丈夫!

主婦モニター② ラシックプラン奈良さん
整理収納アドバイザー1級、インテリアコーディネーター、2級建築士として、個人宅の整理収納サポート、住宅収納・インテリアプラン立案、セミナー講師など、片付け~インテリアまで暮らし全般をサポートさせていただいています。お片付けは得意ですが、料理や掃除などは、凝ったことはできませんが効率を追求しています。https://kurashinista.jp/user_page/detail/3050

普段はひと廻り小さいサイズの水切りマットを使っていたのですが、いつもそれだけでは置ききれず、結局は水切りカゴと併用していました。これでは、洗い物が終わるときには調理台の上は洗い物でいっぱい……。洗った食器を片付けないと、料理ができない状況でした。しかし、このマイクロファイバーは土鍋も置けるサイズですから、水切りカゴいらず。洗い物を片付けなくても料理に着手できるので、いつもより時短できています。また、まな板の下に敷くにもいいサイズなので、お魚をさばくときやまな板のすべり止めにも重宝しています。

厚みがあってフワフワなので、食器を割る心配がありません

普段は1ミリほどの薄い水切りマットを使っていたのですが、食器を置くときに気を付けないと食器が欠けてしまうことがありました。このマイクロファイバーは厚みがあってフワフワしているので、少々無造作に食器を置いても、食器が欠ける心配はありません。また吸水力が高く、ぐんぐん水を吸ってくれるので、どんどん洗い物を置いても安心です。
これだけ便利なので多用したいのですが、塩素系漂白剤を使ってはいけないと書いてあるので、漂白できないのが残念!食器を置くものなので、やはりこまめに消毒したいし、厚手で乾きづらいので、湿気の多い時期はキッチンに干しておくとどうしてもカビやすいのではないかと…。こまめに洗って天日干しすればいいのかな。

私のお気に入りポイント!

・厚みがあるので食器を傷つけない
・手触りが良い
・吸水力が高い

この季節ならお鍋やおでんの時に鍋敷きの下に敷いておけば、食卓で取り分ける時に鍋の周りに煮汁がこぼれてテーブルを汚すのを防げそうですね。

今回のモニター商品詳細へ


RANKING ARTICLE