2018.11.09

突っ張り棒の正しい取り付け方と活用術

みなさん初めまして!DCMの新入社員のS.Tです。
11月に入り、いよいよ冬が始まりますね!
学生時代の冬は、朝、寒さのあまり布団から出られずに遅刻ばかりの毎日…
社会人として迎える初めての冬!無遅刻・無欠勤で頑張ります!

今冬の意気込みを宣言したところで、
今回この記事で何を書こうかなーと
熟考していた時に、「ガタンッ」
なんだ、なんだと思って音の方に向ったら…

なんと!
押し入れで大惨事、、、泣

押し入れの中の突っ張り棒でかけていたものがすべて落ちている、、、

なんて日だ(´;ω;`)

突っ張りポールが落ちてしまっていました、、、
なんで落ちるんだーーーーー

そこで私は

突っ張りポールが落ちにくくならない方法があるのではないのか!
それを発見すれば、みなさんの突っ張りポールが落ちにくくなり
快適な突っ張りLIFEを送れるのではないのか!
と思い、突っ張りポールについて記事を書くことに決めました!

そもそも、突っ張り棒の正しい取り付け方って?

なんと!
突っ張りポールの取り付け方を間違っていました…(泣)
僕が使用していた突っ張り棒はバネ式というもので↓↓

今まではこのように回しながら伸ばして取り付けしていましたが、
この付け方はNGだったのです…

正しい付け方は
取り付ける幅から1~2センチ長く伸ばして、

ぎゅっと押し込み取り付けます

実際に手で押してみても全然落ちない!?
すごい!すごすぎる!
付け方ひとつで全然違う!

より重い物をかけるには強力タイプ!

またもっと重い物をかける場合は
もっと強力な突っ張り棒を使用するといいそうです!

この突っ張り棒はジャッキ式と呼ばれるもので、
バネ式よりも耐荷重が大きいのです!
取り付け方は使いたい長さに伸ばして、回りきらなくなるまでひたすら回したら、下の写真のジョイントと呼ばれる部分を回して取り付けます。

最後は貼ってあるシール通り、「しめる」方向で固定します。

洋服など重い物をかける時には、こちらを使用すると落ちにくいです!

突っ張り棒の便利な使い方

他にももっと便利な使い方ができるのではないかと思い、
突っ張り棒ついて調べてみると、たくさんあったので
いくつか実践してみました!

①トイレの収納部分を増やす

普段床に置いてたトイレットペーパーやクリーナーなどを収納できました!

②狭い玄関での活用法

狭い玄関では靴や、傘が散らかっておりました…

しかし突っ張り棒とSフックを活用することで
写真のようにすっきり!

散乱していた靴たちも突っ張りポールを1本
このように置くと

靴が収納できました!

ちなみに突っ張り棒はこの辺で靴を支えています!

③洗濯機の上もOK

私の家では洗濯ネットが行方不明になりがち、、、
でも突っ張りポールとパイプ用フックを活用すると
こんなすっきり!

収納のセンスがない私でも、つっぱり棒を活用し、
家の中を少しだけ、すっきりさせることができました!

皆さんもぜひ試してみてください!

おススメの商品

DCM 強力突っ張り棒 H18-KTB120
取付簡単。補助パーツ付き。取付幅:約75-120cm。耐荷重:75cm/60kg、100cm/42kg、120cm/30kg。強力タイプは3サイズご用意。 1,382円(税込)~
ご購入はこちら

今回使用した商品はこちら!

アイリスオーヤマ 伸縮棒超スリム RSV-45ホワイト
ネジやクギを使わずに壁などにしっかりと固定できる伸縮棒です。スリムタイプなので、カフェカーテンやのれんなどの取付けに最適。
ご購入はこちら

 

 


RANKING ARTICLE