2018.01.16

「はじめの一手間」で時短家事・収納ができる!|Do Create My Style

人気の主婦ブロガーが家事ワザを伝授!自分らしい暮らしの作り方

毎日忙しくても、家事から解放されることはありません。それならできるだけラクができて、美しい仕上がりが手に入るコツやワザを知りたい。そこでSNSで人気の主婦ブロガーの皆さんに、ご自分が実践している家事の裏技や時短テクをリレー連載で紹介していただきます。いますぐ実践できるアイデアがたくさん登場しますので、皆さんの暮らしに役立ててください。

人気ブロガーakikoさん
パパが単身赴任の中、小学生と幼児の男の子の育児と家事、仕事に奮闘するワーキングマザー。2017年整理収納アドバイザー1級取得。忙しいママの毎日をラクに楽しくする収納・インテリアのアイデアをブログで発信中。https://ameblo.jp/lifewithboys/

こんにちは、整理収納アドバイザーのakikoです。

パパが単身赴任中のワンオペ生活で、仕事と家事、そしてヤンチャな小学生& 幼児の男児2人の育児に追われつつ、忙しい毎日が少しでも楽になるようなアイデアを日々考えています。

普段、スーパーで買ってくる食材や日用品など、何も考えずにそのまま収納してしまっていることはありませんか?(少なくとも以前の我が家はそうでした……)実は、収納するときにちょっとした一手間をかけるだけで、その後に使う時がぐっとラクになります。
そこで今回は、我が家で実践しているカンタンで時短に繋がる収納の一工夫をご紹介したいと思います。

■食材は届いた時に小分けにする

我が家では、食材はだいたい生協かネットスーパーで購入します。いつも買うのは長男が好きな玉子豆腐。だいたい3つ1セットでパッケージに入っていることが多いので、袋から出して100均のケースにセット。タレも1つ1つ切って分けておくことで、毎晩 使う時にさっと取り出せて便利です。

そして、同じように納豆やベーコン、コーン缶なども1つずつ、すぐに使えるように分けておきます。納豆などは意外と外のフィルムにくるんだままでしまいがちですが(私は以前、意味もなくそうしてました……)、最初にフィルムを取ってしまえば省スペ ースにもなってかなり便利。

■飲み物もパッケージから出す

食材だけでなく、我が家では飲み物もパッケージからすぐに出しています。たとえば、長男がよく飲む乳酸菌飲料も10本1セットでパッケージに入っているので、それも100均のケースに分けて入れます。こうすることで長男もすぐに自分で取り出せるので便利です。

そして、6本ずつ紙のパッケージにまとめられている缶の飲み物も最初に分けてケースに入れてしまいます。缶をまとめている紙のパッケージも結構かさばりがちなので、分けることで省スペースになります!

■日用品も小分けにして使いやすく

そして、食品関係だけではなく日用品も小分けにするのがオススメです。たとえばボックスティッシュ。こちらもだいたい5個1セットで袋に入っていて、使いかけでも袋に入れっぱなしのお宅が意外と多いのではないかと思います。我が家の場合は買ってきたらすぐに袋から出して、横幅の広いファイルボック スに収納します。こうすることで、取り出す時もワンアクションで出せるので便利です。

さらに、トイレットペーパーも袋から出してトイレの吊り戸棚に収納。 こちらも必要な時にサッと取り出せるのが便利です。

おすすめ収納ボックスはこちら⇒

以上が「はじめの一手間」で時短家事になる工夫についてのご紹介でした。
こうして改めて見てみると、パッケージにまとめられているモノって結構多いですよね。でも、ほとんどのものははずして収納した方が使うときに便利なのではないでしょうか。

以前の我が家もずっとそうだったのですが、特に意味もなく「なんとなく」そうしてしまっていることって案外多いと思います。「これって本当に必要かな?」と時々やり方を見直すことで、ラク家事になることもよくあります!
ぜひ、普段の家事も「当たり前」を一度見直してみてくださいね。

編集部のおすすめ商品

DCMブランド 積み重ねバスケット 横型 小/ロータイプ
スペースに合わせて、自由自在に積み重ねて使うことができます。サイズ:(約)幅27x奥行16.5x高さ17cm。耐荷重:5kg 861円(税込)
ご購入はこちら


RANKING ARTICLE