2017.03.29

人生初のフローリング補修をしてみた!

寒かったり風が強かったり...桜はいつ見に行けるかな

フローリングが剥がれてしまって危ない!
職人さんに頼む前に、自分で補修してみよう!

 

こんにちは、りおです。

我が家で最近事件が発生:フローリングが剥がれてしまった!

vol.36_1-01

無残な姿のフローリング…

むき出しの木材が危ないし、ほっておくと広がっていきそう。(娘はイジるでしょうし)

それを少しでも食い止めるため、人生初のフローリング補修をしてみました!

素人で大丈夫かな?

print bar

補修に使うのは、ホームセンターなら必ずと言っていいほど一度は目にする

「かくれん棒」と「住まいのマニキュア」。

実は...

ホームセンター従業員として恥ずかしいけど、実際のフローリングに使ったことがない。

それでも自分の知識と腕を信じて、やってみよう!

vol.36_00-1

 

剥がれたフローリングの表面の一部は幸い取っておいたので、

まずは速乾多用途接着剤で張り付けて固定。

vol.36_1-02

速乾タイプだから、指で2~3分押さえれば安定します。

vol.36_1-03

次に、家の古くなった金属のスプーンを使って、かくれん棒を溶かして流し込む。

3枚合体

いろんな色を調合し、フローリングの色にできるだけ近い色を作ってみたけど、

同じ色を作り出すのには職人技が必要!なので素人は正直無理...

まぁ、自分が我慢できる程度でOKかな♪

vol.36_2-01

付属のヘラで表面を平らにする。

硬い場合、ドライヤーで温風を与えながら作業すると、柔らかくなってやりやすい。

vol.36_2-05

おお、欠けた部分が埋まりました!

vol.36_2-06

 

最後に、住まいのマニキュアを使って木目を描く。

vol.36_3-01

木目を完璧に再現するのも、ベテランの職人の技。

素人なので、できるだけ既存の木目の延長線で描いていくしかない。

ごまかせれば大丈夫!と自分に言い聞かせて、描き続けると、

vol.36_3-02

これで完成!なかなかの上出来ではないでしょうか (*^▽^*)

 

これからお店でお客様に聞かれたら、

スマホで写真を見せながら説明しよう~

(自慢話にならないよう努めてまいります。)

 

そうだ。

フローリングの状態によって、

自分で補修してかえって問題が広がる可能性もありますので、

補修面積が広い場合や不安な時はお店の人に相談してみてね~

 

以上、くらしメモでした。

 


RANKING ARTICLE