2018.10.10

意外に知らない⁉ 秋こそ、ダニ対策

お悩み50

「急に涼しくなって、あんまり冷えるので冬用のふとんを出して被ったら、やたらクシャミが出る! 風邪引いちゃったかもと焦ったのですが熱は出ませんでした。翌日友達に話したら、『それダニのアレルギーなんじゃない?』と言われびっくり。秋なのにダニなんて出るものなんですか?」

私が解決します!

藤原千秋
大手住宅メーカー勤務を経て、主に住まい・暮らしまわりの記事を専門に執筆。現在は企画、広告、商品開発アドバイザーなど多様な業務に携わる。TV「マツコの知らない世界」に1000個の掃除グッズを試した主婦として出演も。著・監修書に『この一冊ですべてがわかる!家事のきほん新事典』など。

■ダニの被害は秋に増える

お友達の方、なかなか鋭いですね! 夏の間しまっておいた冬ふとんにダニが繁殖してしまっている可能性、あります。

もし夏前、厚ぼったいふとんをしまう前にガッチリ「丸洗い+乾燥」などの処理をしている場合は別ですが……。ふとんカバーなども特に洗濯していないでそのまましまっているなら尚更、まずいのです。

ダニといえば梅雨、夏が危ない! と喧伝されがちであるためか、あまり意識されないのが秋。でもダニ被害は多い。

というのは、確かに梅雨から真夏にかけてはダニの繁殖シーズンで、ふとんなどで増える「チリダニ」は卵から成虫になるまで約1ヶ月弱。成虫としての寿命は2〜3ヶ月と言われています。つまり、秋というのはこのダニの繁殖に伴うフンの量が最大量に、またその死骸が一気に増える時季であるためにアレルギー反応が起こりやすいタイミングだということなのです。

■ダニ対策。秋である今、やっておかなければいけない理由とは?

でも、「じゃあ、実質今から何かしても手遅れなのでは?」などと悲観してはいけません。問題に気づいた今、着手できることはあるからです。

まずは、ふとんカバーやシーツ類といった大物の洗濯をしましょう。真夏は暑さのあまりに動きにくく、またここからぐっと気温が低くなることで家事のため動くのが億劫になります。ちょっと動かすだけでもくたびれる「大物」、ふとん関係の家事を行うには秋がベストです。

洗濯のみならず。湿度の低い晴天時を狙って、ふとん自体も昼の3時間ほど干すことを繰り返し、できるだけ乾燥がちな状態にしておきます。

そうして干した後のふとんは叩くのではなく、ふとん吸引専用のアタッチメントをつけた掃除機ないしは、ふとんクリーナーでダニの死骸やフンを含む表面のホコリ汚れをしっかり吸い取るようにしましょう。都合でどうしても昼間干せない場合には、ふとん乾燥機をかけるか、ホットカーペットや床暖房の上に2時間程度敷いたり、電気毛布を挟むなどして熱を加え、少しでも乾燥させましょう。

おススメ 布団乾燥機はこちら⇒

ただし、くれぐれもホットカーペットや床暖房の稼働中にふとんを敷いた中で眠らないでくださいね。熱中症や低温やけどなどのリスクがありきわめて危険です。

また可能であれば、ふとんへの依存度の高まる前である、この時季のうちに、ふとん丸洗いサービスなどを利用しておくのも良いでしょう。

■ダニを減らし、増やさないためにできること

気温が低く乾燥がちになる冬場は、ダニの繁殖に適したシーズンではありませんが、だからといって冬だから死に絶えてくれるというわけでもありません。エアコン、暖房の効いた環境、つまり私たちにとって快適な気温や湿度である状態というのは、ダニにとってもほぼ快適環境だと思って間違いありません。

冬場における季節外の寝具、夏掛けなどの始末の際には「洗濯、乾燥」を行い、ダニのエサになる皮脂や垢などの汚れを残さないようにしましょう。衣類も同様です。また衣類に関しては密閉の可能な収納用品を使用する際などには、効果が適切な防虫剤を仕込んでおくことも大切です。

おススメ 防虫剤はこちら⇒

収納にあたって密閉環境を作りにくい場合には、「ダニ捕りマット」を仕込んで、生きたダニをできるだけ捕獲・殺虫するようにし、できるだけ総数を減らすよう心がけましょう。また冬、発生しやすい結露を避けるくふうも施しましょう。手近なところでは日に最低一回の自然換気を住まいのあちこちで行うようにしましょう。

寝室や子ども部屋など、ふとんのある環境に過剰な加湿をほどこすこともダニを増やしてしまう原因になります。インフルエンザ対策などで加湿を頑張る人が多い時期ではありますが、室内の湿度は60%を超えないよう、こまめにモニターして加減するようにしてくださいね。

アイリス 超吸引ふとんクリーナー  IC-FAC2 ホワイト
ダニちりセンサー塔載で、ふとんの中の汚れを見つけてキレイにする超吸引ふとんクリーナー。センサーランプの色で、ハウスダストが多い・少ない・キレイが見やすく表示される。1分間に約6000回のたたきでダニ・ちり・花粉をたたき出し、サイクロンストリームヘッドで生地にやさしく、3分間でハウスダスト除去率98%※以上吸引。(※ダニ由来のアレルゲンを含むハウスダストを想定したテストダストを用いた社内基準での評価結果)ダストカップは水洗いができて、いつでも清潔。
アイテム詳細へ
ふとん乾燥機 カラリエ  FK-C2-WP パールホワイト
ふとんにホースを入れるだけで使える、マット不要のふとん乾燥機。コンパクトサイズでもパワフル温風のふとんを乾燥。立体ノズルのフラップを立ち上げることで、ふとんの中に空間をつくり、より広い範囲に温風を届けることができる。ダブルサイズのふとんにも対応。多彩なモード(※冬・夏・ふとんあたため・ダニ・手動)で1年中使える。手動モードでくつ乾燥や衣類乾燥、スポット暖房などにも使用可能。軽くて小さいので準備も移動が楽。収納も省スペースで済みます。
アイテム詳細へ
コーワ ふとん用ローラー
本体は回転せず、四輪駆動なので布地が吸い付かずスムーズに吸引。動きが軽く、片手でもOK。抗菌樹脂(ABS樹脂)採用し、水洗いOKなので清潔。各メーカー延長管(※但し内径32〜38mmの正円形のものに限る)に取り付け可能。
※ご購入はDCMのお店まで。

こちらも合わせてお読みください

寒くなる前に、やっておきたい大物ファブリックの洗濯掃除!|Do Create My Style
頻繁には洗えないけれど、洗濯するとまるで掃除をしたかのようなスッキリ感が得られる洗濯掃除♪掃除はちょっと苦手という人にもおすすめのキレイ術を人気ブロガーがご紹介!
記事詳細へ


RANKING ARTICLE