2017.09.13

使わずにいたベビーオイルで 素敵な「ハーバリウム」を作ってみよう♪

使わずにいたベビーオイルで
素敵な「ハーバリウム」を作ってみよう♪

こんにちは、りおです。
最近片付けをしていたら、押入れの隅から「ベビーオイル」が出てきました。

vol.60_01

たぶん娘が1歳ぐらいの時に予備で買ったかと思うけど、使わずに2年以上放置。
(ついついやってしまうことです...)
さすがにもう人にあげられないし、もったいないけど捨てようかな。
待ってよ。これで素敵なインテリアができるかも♪

思いついたのは最近SNSでも超話題の「ハーバリウム」。
なにそれ?と思う人がほとんどかもしれないけど、
元々「ハーバリウム」とは「植物標本」のことで、植物の標本を長く保存できるように作られたもの。
それをドライフラワーとオイルでアレンジして、
インテリアとして長く楽しめるようにするのが最近ブームらしい。
私のSNSのタイムラインにもしょっちゅう友達から流れてくるし、せっかくだから作ってみよう♪
(なんでベビーオイル?ということはあとにして...)

作り方は簡単。
まず密封できる瓶を準備して、洗浄消毒し、乾燥させる。

vol.60_02

しっかり消毒・乾燥しないとカビが出ちゃうかもしれないので、ここは必須。
次に、お好きなドライフラワーを瓶に詰めていく。

vol.60_03

出来上がりをイメージしつつ、フラワーの場所を配置。
手の器用さに自信のない人は、ピンセットや箸を使う手も。
でも、意外と適当でもいける場合が多い。(←こんな無責任な書き方でいいのか?)

最後は瓶にベビーオイルを入れて、蓋をしっかり締める。

vol.60_04

花は最初は浮く場合もあるけど、時間が経てばちゃんと沈んでいくのでOK。
そして出来上がりはこちら:

vol.60_05

素敵すぎる❤(←自画自賛)

簡単でしょう?
でもここで実は、大事な注意点がある。
ベビーオイルの成分は、いわれる「ミネラルオイル」→石油製品です。
ドライフラワーが浸かっても、色素などは溶けださないので、ハーバリウム作りにぴったりだけど、
問題は「非常に引火しやすい」こと。

実際ベビーオイルのパッケージにも「火気厳禁」などの表示がある。
なので、ハーバリウムを作るときも、置いて飾るときも、火の気のないところでしてくださいね!
でもその代わりに、保存期間は長く、ちゃんと作っていれば数か月~1年は楽しめます♪

ということで、調子に乗っていっぱい作っちゃいました!

vol.60_06

(※植物オイルなど天然成分のオイルだと、お花の色素などが溶け出すので、ハーバリウムには使えないらしい。)

(※火気が心配な方は、「シリコンオイル」を使うのがおすすめ。少し高いけど...)

そして、ベビーオイルがなくても、似たよな発想から、せんたく糊と造花で、
「なんちゃってハーバリウム」ができる。
造花を瓶に詰めて、せんたく糊を入れるだけ。

vol.60_07

これもいい感じにできました♪

vol.60_08

ベビーオイルほど保存期間は長くないけど、手軽にできるからこれはこれで楽しい。
良かったら作ってみませんか?

以上、くらしメモでした。


RANKING ARTICLE