2017.11.25

お歳暮のいわれと贈答マナー|暮らしの歳時記~今さら聞けないマナーと常識~

毎年年末になると、今年のお歳暮はどうしようか、誰に贈ろうか、悩んでいる方も多いのでは?
そもそもお歳暮というのは、年の瀬に魚介類を祖先の霊に供えた「御霊祭」に由来するといわれています。お祭りのあと、お供えしたものを身内や知人に配った風習が、お歳暮に変化しました。

現在のお歳暮は、お中元同様、ご無沙汰のお詫びを兼ねた季節のごあいさつ、あるいは、日ごろお世話になっている人へ感謝を込めた贈り物をするという意味になっています。

誰に贈る?注意点を教えて!

贈り先は、両親、親戚、先輩や上司、得意先、仲人、習い事の先生など。ただし、社員同士の贈答を禁じる勤務先や公務員の場合は、先方に迷惑をかけることもあるので、配慮が必要です。

子どもの学校の先生も、保護者からの贈り物はいっさい受け取らない傾向にあります。公立では送り返すという規定のところもあり、贈ることで多大な迷惑と手間をかけてしまいます。どうしてもお礼をしたいなら、卒業後に行うのがよいでしょう。

なお、お歳暮は祝い事ではないので、先方やこちらが喪中でも贈ってかまいません。ただ、四十九日の忌明け前や、相手が非常に気落ちしているような場合は、時期をずらして「寒中見舞い」として贈るとよいでしょう。その場合は紅白の水引をつけずに、無地短冊を使います。「お年賀」はNGです。

お歳暮の時期や予算は?何を贈ればいい?

お歳暮を贈る時期は、12月初旬から20日頃までが一般的です。お歳暮には「一年の締めくくり」という意味もあり、季節感が重視される贈り物です。それよりも遅れたら、年明けに「お年賀」や「寒中見舞い」として贈るのがマナーです。

1年間の感謝を込めて贈るものなので、価格は3000円~5000円くらいと、お中元よりやや高めの場合が多いようです。また、お中元を省略してお歳暮だけ贈る方法もあります。

人気が高いのは、やはり食品や実用品。お正月食品としてお酒、ハム・ソーセージ類、新巻き鮭、かずのこなどの海産物、のりなどがよく用いられます。季節的に、毛布や入浴剤など、あたたかみのある品もよいでしょう。
この他に、「自分の目で選んだ品」という気持ちが込められる産地直送品や土地の名物、相手が好きなものを選べるカタログギフトなども人気が高いです。

年末年始は、帰省や旅行で留守にする家庭も多いので、生鮮食料品を贈るときは事前に先方に確かめた方が安心です。なお、相手が仕事関係者であっても、通常は自宅にお送りします。会社あてに贈るときは、個別包装のお菓子やジュースなど、職場で分けられるものを選ぶのがよいでしょう。

お歳暮は、双方の関係が変わらない限り贈り続けるのが基本です。特別にお世話になったなどの理由で贈りたい場合は、のしを「御礼」にするとよいでしょう。中にお礼状などを同封すれば、「お歳暮」として贈っても先方に気持ちは伝わります。

 

「伝統の作法と最新マナー 冠婚葬祭常識辞典」、「子連れのマナー&おつきあい大正解BOOK」(ともに主婦の友社刊)より


RANKING ARTICLE