2018.04.18

クルマの掃除、ニオイ対策〜車内環境を快適にするために〜 |ズバッと解決!<季節のお悩み相談室>

お悩み27

「子どものスイミングのお迎え時、下の子の急病で来られなくなったママ友に頼まれて久しぶりに『よその子』をわが家のクルマに乗せたら『ゲッ、超クサい』と言われてしまったんです。ショック……。どうしたらいいんでしょうか。」

私が解決します!

藤原千秋
大手住宅メーカー勤務を経て、主に住まい・暮らしまわりの記事を専門に執筆。現在は企画、広告、商品開発アドバイザーなど多様な業務に携わる。TV「マツコの知らない世界」に1000個の掃除グッズを試した主婦として出演も。著・監修書に『この一冊ですべてがわかる!家事のきほん新事典』など。

■少しずつたまる汚れ、じわじわしみ込む臭い

ファミリーカーって、どこか自宅の延長のようなところがありますよね。また運転し慣れたクルマというのは、身体の一部みたいな感覚になってくるもの。だから、それを他人から「超クサい!」なんて言われた日には! 想像するだけでもショックです。相手が子どもといえども。

ただ、子どもだからこそ「言ってくれた・教えてくれた」のかも知れません。もしクルマに乗せたのが大人だったら、本心では「クサい」と思っても、きっと黙っていることでしょう(自分だったら言えるかと考えても、なかなか言えませんよね)。また「ニオイ」というものは慣れてしまうと特別に感知しにくいものですから、そのクルマに乗り慣れている家族も、なかなか気づけないのではないかと思います。

それに「ニオイ」の原因になる汚れも、ニオイそのものも、突然に発生するというより少しずつじわじわと蓄積されていくものです(粗相や嘔吐などによる汚れや臭い以外)。この「じわじわ蓄積」を避けるためには、日常的に「汚れ防止、ニオイ防止」の所作を貫くことが大事なのですが、子育て中などではなかなか難しいもの。ですから、たまの掃除やお手入れで、そこは挽回しましょう。

■掃除機プラス「拭き掃除」で汚れもニオイもOFFする

クルマの臭いの元になる汚れとニオイ。その代表的なものにはマットの泥砂、そこが雨の日の靴の水分などで湿ることで繁殖してしまったバクテリアやカビ臭があります。車内で喫煙する場合はタバコのヤニ臭。また、エアコン内部でカビやバクテリアが繁殖してしまい送風がクサくなることもあります。

それから車内で飲食した際の食べこぼし汚れが、マット上やシート上で酸化しての悪臭。乗車中にかいた汗、肌の皮脂、垢などがシートにこびりついて酸化しての悪臭も「あるある」ですが、洗濯をあまり行わない寝具のニオイと同様、これらは自分自身と一体化しがちなので、本人には気づけない類のニオイだったりします(でも他人にとっては明らかに悪臭)。

こういった汚れ、ニオイをなくす(掃除する)には、まずマットなど外せるものは全て外して大きなゴミ、ホコリなどを掃除機で吸い取ります。業務用掃除機や乾湿両用クリーナーがあると便利ですね。車内のシート、足元の隅々も掃除機で吸っておきたいところです。

コンソールボックスなど各種内部ボックスにも食べカスやホコリなどが落ちていることが多いので、小銭などを間違って吸ってしまわないよう避けてから掃除機がけしておきましょう。その後マット等は洗浄、乾燥。消毒用エタノールでの除菌を行います。

ダッシュボード、アームレスト、シート、内窓など含めてはぜひ「拭き掃除」をしましょう。車内の悪臭には脂性の酸化臭が多いので、重曹やセスキ炭酸ソーダなどのアルカリ剤水溶液(スプレー)や、市販のアルカリ電解水と比較的綺麗なタオル(ぞうきん)を併用して拭いたり、アルカリ剤の水溶液をしみ込ませた、使い捨てのウエット掃除シートなどを活用するのが良いでしょう。

カーエアコン(エバポレーター)については、内部まで自力でしっかり掃除するのがなかなか難しいもの。カビ臭などのニオイがあまりにもひどい場合には、車内の空気環境、ひいては健康のためにも、クリーニングを外注するのがおすすめです。

おすすめ車内拭きクロスはこちら

■消臭剤を効果的に活用する

市販の消臭剤も多種多様、販売されています。掃除しきれなかった部分をカバーするため、合ったものをうまく活用したいものです。

・スチームタイプ
いっとき車内でスチームをたいて消臭成分を細部まで行き渡らせるタイプの消臭剤。無香のものと香りつきのものがある。車内の掃除、換気を行ったのちに施すと効果的。
・ゲルタイプ
クルマのニオイが気になる場所に設置する置き型。消臭しながらだんだん減ってくるため効果を持続させるためには交換を忘れないようにしたい。
・スプレー、ミストタイプ
車内の拭き掃除にも使えるクリーナー兼消臭剤。微香するものがあるので他に芳香剤を使用している場合には相性に気をつけよう。

自宅の「室内」に比べれば「車内」というのは圧倒的に空間としてのボリュームが小さいので、掃除や消臭の効果が現れやすいのです。「クサい」と言われないクルマを目指して、諸々試してみてください。

DCMブランド 除菌消臭スプレー本体 強力除菌タイプ
グリーンフレッシュの香り。2種類の除菌成分配合でにおいの元となる雑菌の繁殖を抑制し、強力ににおいの元から消臭。213円(税込)
藤原さんもおすすめ!車内という閉ざされた空間内では、ニオイが気になるために使用した「消臭剤」そのものの「匂い」の影響をも大きく受けやすいものです。つまり、使用される香料が強いのも考えものだということです。この除菌消臭スプレーは消臭力の効果もさることながら、匂いにケミカルな要素があまりなく、自然に爽やかで気持ちの良い残り香。車内のニオイによる車酔いなども抑えてくれるのでは、と思いました。
アイテム詳細へ
DCM ブランド シート下消臭剤  無香
ゴミが少なく環境に優しいエコパック仕様。銀イオン配合。効果が2-3ヶ月持続。
大容量400g。537円(税込)


RANKING ARTICLE