2018.06.26

雨天のマストアイテムは汚れ防止にも役立つ!防水スプレーのワザ7選

人気の主婦ブロガーが家事ワザを伝授!自分らしい暮らしの作り方

毎日忙しくても、家事から解放されることはありません。それならできるだけラクができて、美しい仕上がりが手に入るコツやワザを知りたい。そこでSNSで人気の主婦ブロガーの皆さんに、ご自分が実践している家事の裏技や時短テクをリレー連載で紹介していただきます。いますぐ実践できるアイデアがたくさん登場しますので、皆さんの暮らしに役立ててください。

人気ブロガーよしママさん
元小学校家庭科教諭。二人の小学生のママ。子どものハウスダストアレルギーで掃除にはまり、ブログ「節約ママのこだわり掃除」を始める。雑誌、WEBで節約や掃除ネタを随時更新中。著書には『家族が笑顔になるおそうじの魔法』(日本文芸社)がある。http://kodawari-souji.blog.jp/

梅雨が始まるこの時期に我が家で大活躍するのが、防水スプレー!
そんなに使う?と思われるかもしれませんが、防水スプレーはレイングッズだけでなく、実は様々な汚れ防止にも役立つんですよ!

シュッとスプレーするだけで、水をはじくと共に汚れを付きにくく、そして落としやすくしてくれます。ということで、洗濯量を減らしたい梅雨時は我が家のマストアイテムです!
今回は防水スプレーのおすすめの使い方7選をご紹介します。

防水スプレーの基本的な使い方

まずは防水スプレーを使う前に、汚れがないかをチェックしておきましょう!
もし汚れがある場合は、あらかじめ落としておきます。
スプレーをするときは新聞紙を敷いて屋外で行うか、室内の場合はしっかり換気をするようにします。風向きを考えないと室内に飛散をしてしまうので気を付けてください。

スプレーはよく振ってから、20㎝ほど放してから吹きかけます。スプレー後は30分ほど置いて、しっかり乾かすこと。しっかり乾いていないと十分な効果が期待できません。
スプレー直後はニオイが気になるかもしれませんが、しっかりと乾かせばほぼ感じません。

防水スプレーは引火性です!火気には十分注意してくださいね!

① 雨具

私は傘をはじめ、かっぱや日傘などにも使用前にはスプレーをするようにしています。
傘はしっかり乾かしてから、広げた状態でスプレーをしましょう。
十分にスプレーをしておけば水をきちんとはじいてくれるので、電車に乗るときや建物に入る前の水切りがラクになります。

② 靴

防水スプレーは、運動靴や布製のシューズの泥はね汚れ防止効果もあります。
また長靴を嫌がるお子さんの運動靴にもシューっとスプレーしておけば、靴がグショグショという事態も避けられます。その時、地面に近い部分を重点的にスプレーすると、より雨水が染み込みにくくなりますよ♪

夏のサンダルの布部分や冬のブーツなどにもスプレーしておけば、汚れがつきににくなります。
革靴にスプレーする場合はフッ素系がお勧めですが、そのときはシリコン系でないことを併せて確認しておきましょう。

③ かばん

子どもの手提げかばんの底って結構汚れていますよね。
きっと無意識に地面に置いているのでしょうが、一度付いた泥汚れは取るのが大変です。できれば新しい状態、もしくは洗濯した後にしっかりスプレーをしておくと汚れ防止になります。

私の帆布のかばんにもスプレーをしましたが、これも正解でした!ちょっとした雨なら水をはじいて中まで濡れることはありませんし、バッグのシミ防止にも効果ありでした!

④ 衣類

雨の日はパンツの裾が濡れてしまったり、泥はねがついたりしがちです。
そこで雨の日は洋服に着替える前に、防水スプレーをズボンの裾などにスプレーしておきます。すると雨が降っても水が染み込みませんし、水滴が付いたとしてもタオルで軽く押さえるだけでOKです。
濡れたパンツが足にまとわりついているのは気持ちが悪いので、大雨の日は広範囲にスプレーしてもいいかもしれませんね。

子ども用に白いロングのダウンコートを購入した時はあらかじめしっかりスプレーをしておきます。特に砂が付きやすいお尻部分や裾にはたっぷりと♪
寒い時期の雪濡れにも効果ありです!

⑤ カーテンのカビ防止、汚れ防止に

結露の時期は、カーテンの裾が窓にくっついて濡れたのをきっかけにカビが生えることも…💦
そこで濡れやすいカーテンの裾だけにスプレーをして、カビ予防をしています。
カーテンを吊るしたままスプレーするときは、風がない日を選んで、周辺の壁に飛散しないように注意しましょう。

⑥ ソファの汚れ防止に

我が家のソファーカバーは生成りなのですが、どうしても皮脂汚れが茶色っぽくついてしまっていました。
毎度洗濯するのは大変なので、洗濯したらシュッとスプレーをするようにしています。そのときは特に汚れやすい手すり部分や座面のふくらはぎが当たる部分を中心に!
これだけで洗濯頻度が減るので、家事の時短になりますよ!

⑦ アウトドアグッズに

キャンプ用のグッズってやはり汚れやすいですよね。特に椅子や水筒の底など、地面に直接置くものは砂が付いて白くなってくるものです。そこで汚れを最小限に抑えるために、使用前にスプレーをしておけば、汚れ防止になるので毎回洗わなくても大丈夫!これでアウトドアグッズの後片づけの手間がずいぶん省けます(^_-)-☆

もちろん冬場はスキー用の手袋やウェアなどにもしっかりスプレーをしています。

防水スプレーは一年中、ジメジメやイライラを解消してくれる便利グッズ。
中でも梅雨の時期の水濡れや汚れ予防をすることは、洗う手間や乾かす時間削減につながる時短アイテムでもあります!
ぜひ皆さんの生活に取り入れてみてはいかがですか?

防水スプレーって雨具だけじゃなかったンダ!
雨の日はいっつもズボンが濡れちゃってたけど、これでもう安心カナ♪
上手く使えば家事がはかどるカモ~(´▽`)

ボクのおすすめ!買っておくと便利!

DCMブランド 防水スプレー 300ml

綿・ウール・ナイロン・ポリエステル・スキーウェアなどの繊維を傷めずに、優れたはっ水効果で雨・雪からしっかり守ります。皮革・毛皮・ビニール・白色のバッグや靴にはおすすめできません。スプレー噴霧は吸い込むと有害なため、必ず屋外で使用してください。537円(税込)


RANKING ARTICLE