2018.07.30

【DCMブランド】電動工具シリーズ③女性向け充電ジグソー| 主婦モニターの品評会 気になる商品をお試し!

今春、DCMブランドから新発売されたのは、軽量で使いやすさにこだわった電動工具シリーズ。
昨今、DIYを楽しむ女性が増えたことから、DCMではもっと女性や初心者が使いやすい商品を発売していきたいという強い思いがありました。
そこで開発に当たって、女性たちの声を積極的に取り入れるために、アイデア投稿サイト「暮らしニスタ」で活躍する、aya-woodworksさん、心地いい我が家さん、政尾恵三子さん、ながみちさん、and_a_plusさんの主婦DIYer5名が開発に参加。DCM開発担当者と度々の意見交換や商品モニターを繰り返して、女性DIYerならではの視点を生かした軽量でコンパクト、オシャレな電動工具シリーズが誕生しました。
全4回に渡って、5名のDIYerの感想を交えながらご紹介する3回目です。

木材も金属も、プラスチックだって自由自在にカット

第3回目は電動工具の中でも、初心者にとってはハードルが高い工具の一つである、ジグソーです。。
ブレード(刃)を上下運動させて、木材や金属などを切断でき、材の大きさに関わらずに直線・曲線、斜面切断ができ、ブレードが入る穴を開けてから切断すれば、材の切り貫きも可能な小回りが利く切断工具です。

今月の注目商品

DCMブランド 10.8V充電式ジグソー
各種材料の直線・曲線切断作業に便利。サイズ(バッテリー含む):長さ約150×幅60×高さ178mm。モーター電圧:10.8V。最大切断能力:木工25mm・軟鋼板2mm・非鉄金属3mm。質量(バッテリー含む):約1.1kg。LED:有 価格:本体のみ 4,298円(税込)※バッテリー・充電器は別売り
ご購入はこちら

今回、ジグソーのレポートを送ってくださったのは、100均リメイクやセルフリフォームが得意なながみちさん(写真右)。ながみちさんは親子で一緒に楽しむ工作を「暮らししニスタ」やブログで公開しています。
もう一人は、小学生の男の子を持つワーキングマザー、and_a_plusさん(写真左)。週末の楽しみはDIYでアイデア満載のリメイクをすることと語ります。彼女のステキなインテリアにはファンがたくさん。
ではさっそく、このお2人のレポートに耳を傾けてみましょう。

【魅力①】手にフィットする、コンパクト設計!

「従来のジグソーは大きくて重くて、細かい動きをコントロールするのは大変でした。しかし、これはコンパクトで軽いので、女性でも自由自在に操れます。そして取り出すのも片づけるのも気軽なのも嬉しいですね。これでDIYの幅は確実に広がりそうです」と語る、and_a_plusさん。


ながみちさんは、「本当にこれで切れるのかしら?!と思ってしまったくらいのコンパクサイズ!しかし使ってみると、今までのものと変わらないパワーでビックリしました!」と言います。
普段はDIYをあまりやらないというご主人も、「コンパクトなのにちゃんとカット出来る!これは電動工具というよりも、ちょっとした家電感覚で扱えるから、女性にもおすすめだね」とおっしゃったとか。

写真はand_a_plusさんがジグソーを使ってリメイクした子供用のイス。
実は今回初めてジグソーを使って曲線カットに挑戦したと言います。
「ジグソーで曲線カットができることは知っていましたが、自信がなかったのでいつも直線カットのみでした!しかし、これだけコンパクトサイズなら、扱いやすいかなと思って、がんばって曲線に挑戦してみました。なかなかの出来栄え(^^♪ 次はくり抜きなど、ワンランク上のカットに挑戦したいですね」と語ります。

【魅力②】操作がシンプル、でも安全機能もばっちり!

操作はシンプルで簡単!しかし、簡単すぎると、間違ってスタートボタンを押したりしないかしら…(^-^; なんて不安になったりするかもしれませんが、そんな心配はありません。


このジグソーは誤動作が起きないように、持ち手の左右のスイッチを動かすように設計されています。どちらかのスイッチに手が触れるだけでは動き出す心配はありません。
しかし、動作を止めるのは簡単!
「ロックボタンを前へ押すだけですぐにストップするので、使っていても安心感があります」(ながみちさん)。
「初めて使用される方はこわい!と思われるかもしれませんが、一度使ってみればその使いやすいに気づいてくださるはずです。これがあれば、飾りカットの棚やボードなど、ワンランク上のDIY作品ができますね」(and_a_plusさん)。

刃の交換は、カチッと差し込むだけの簡単装着です。

初心者にとってジグソーは、ちょっとハードルが高い印象の工具。
「ジグソーは、DIYのときに毎回使う工具ではありませんが、あるとないではその仕上がりにかなり差が出ます。ちょっと木材を切るときも、のこぎりで切るよりも圧倒的に早いし、とにかく仕上がりがキレイ!本格的に家具を作ったりはしないという人でも、ちょっとした創作やいらない家具を小さくカットしてゴミ出ししたり…使用範囲は広いと思いますよ(^_-)-☆」(and_a_plusさん)。
お2人の話を聞いていると、これまで電動工具とは無縁な初心者でも、ジグソーを使ってみたくなりますね♪

【魅力③】 手元の操作ボタンで速度調整ができる!

このシリーズすべてに言えることですが、操作ボタンが手元に集まっています。操作の切り替えの度に電源をオフにしなくても、作業をしながらライトをつけたり、速度を変えたり…スピーディーに作業ができます!

「手元には速度調整用のダイヤルがついているので、作業をしながらスピードをコントロールできるのがいいですね。カーブはゆっくり、直線は素早くなんて調整もラクラクです!」とながみちさん。

今回の電動工具シリーズを使って、ながみちさんが制作したのは、リビングルームのテレビのサイドボードとして使用できる壁収納です。
「カットした木材の表面を磨き、石膏ボードにホッチキスを使用して固定出来る『壁美人』で壁に固定しています。」

「棚板を自由に動かすことができるので、気分でレイアウトを変えられるように設計しました」とながみちさん。

コンセント部分に板が掛かってしまうので、ここはジグソーでカットをしたとか。
「少しのカットなら、のこぎりでもいいかなとも思いましたが、このジグソーはすぐにセットできるのでササっと用意してジグソーで切断しました。のこぎりより短時間だし、きれいに仕上がりました♪」。

「DIYをステップアップしたい人にもおすすめ!」

ハードルが高い印象の電動工具をはじめて購入するとき、どんなものを選んだらいいのか、悩みますよね。
「暮らし二スタ」の主婦DIYer5名によれば、家庭で使用するなら、重視すべきはやはり使い勝手の良さ(もちろんパワーは必要)とデザイン。
使い勝手とはコードのない充電式であったり、コンパクトさや軽量感、操作が複雑ではないこと。
女性や初心者にとって、大ぶりで重量のある工具は手を滑らせたり、工具のパワーに振り回される危険もあるため、女性が使いやすい工夫や設計になってる工具を選ぶことが電動工具を使いこなすには大切なのだといいます。

DCMブランドの電動工具シリーズは、そんな彼女たちの思いを反映し、従来の工具よりも明らかにサイズが小ぶりで軽い!しかも、使い勝手の良い商品となりました。自分たちの思いがカタチになったと、暮らし二スタの5名は大満足です!


また、シンプルでモダンなデザインも、インテリアにも映えると上々の評判。

このシリーズが発売以降、ビギナーはもちろん、ある程度電動工具を使いこなしている人たちにも注目されているのは、そんなデザイン性の高さや、他の工具と比べても見劣りしない抜群の機能性があるからなのでしょう。

商品開発秘話や5名の商品開発にかける思いは、こちらをご覧ください。

【DCMブランド】電動工具シリーズ①軽くて持ちやすい♪女性向け電動ドライバー| 主婦モニターの品評会 気になる商品をお試し!

【DCMブランド】電動工具シリーズ②手軽に操作できる専門工具♪電動サンダー| 主婦モニターの品評会 気になる商品をお試し!

次回は本格的に木材がカットできる「丸のこ」についてご紹介します。

写真/ながみち、and_a_plus

今回のモニター商品のご購入へ


RANKING ARTICLE