2018.09.17

服についた墨汁はここまで落ちる

家事に「裏ワザ」があるならば、おすがりしたい! ラクしたい!
人並み以下の家事能力しかない“ズボライター”Wが、
掃除・洗濯・修繕などの裏ワザ的家事アイデアをネット検索。
実際に試して「ラクしてきれい」は叶うのか、検証します。

落ちない墨汁、オトしてみせる!

服についた墨汁ってホント落ちない。
子どもが学校でつけてくると、ガッカリしちゃいます。

あーあ。
こうなったら処分するしかない……。

のは昭和の時代のお話!

平成もおしまいなんだから、最先端の「墨汁落とし法」が誕生してるはず!
グーグル先生に最先端のやつを教えていただこう!

ということで、ネットで「墨汁の落とし方」を検索。
かわいそうなGAPのシャツで実践し、
落ち具合でランキングしてみました。

「服についた墨汁落とし」第1位 ごはん粒法

結論をいうと「墨汁落とし」にラクだの近道だの寝言は通用せず。
地道なゴシゴシ、もみもみ作業は必須!!
その中で最も成果をあげられたのは、なんとレトロな「ごはん粒」を使う方法でした。
最先端どころか奈良時代に聖徳太子とかがやってたかもです。
さらに現代の我々は、洗剤2種を加えてパワーアップさせます!

step1
ごはん、洗濯用液体洗剤、粉末洗剤、ヘラやスプーンの背など平たい物を用意。
ごはん2:液体洗剤1くらいの割合でよくかき混ぜます。

洗剤はDCMブランド「汚れすっきり 液体洗剤 濃縮タイプ」を使用。

ここに粉末洗剤を適宜加え、ごはん粒のまとまりをよくします。

step2
墨汁シミ部分を少しだけ湿らせ、step1のごはん粒洗剤をヘラなどでこすりつけます。

プラフォークの背ですりすりと。

こすり続けるとごはん粒が黒くなるので、洗い流す→再度塗布してこする、の繰り返し。
6~7回水を変え、黒色が出なくなるまでコスコス。

15分くらい繰り返すとこんな感じに。

おおっ? けっこう落ちてる!

この「ごはん粒法」、繊維の奥に入り込んだ細かい墨の粒子をごはん粒に吸着させ、
しごき出すという仕組み。ごはん粒の色が白いままになるまで続けます。

と、ここでまさかの展開、「おかわりごはん」切れ。
余りごはんが少ししかなく、
手際の悪いズボライターはどんどん流しちゃうしで、
無念の作業終了。

それでも効果はまぁまぁすごい!

よ~く見ないとわからない程度に落ちました♪
墨汁がここまで落ちるものだとは。

ポイントは、ごはん粒が黒く染まらなくなるまで続けること、
ごはん粒が流れ出すのでザルを用意し、処理しやすいキッチンでやること、
ごはん粒は多めに準備しておく、なんでしょう!

「服についた墨汁落とし」第2位 マジックリン+石鹸法

2番目に落ちがよかったのは、マジックリンを使う墨汁落とし。
効果はごはん粒にはかなわなかったものの、手軽さは抜群。
ネットのレポは一番多い感じでした。

step1
花王「マジックリン」、水、石鹸を用意。
マジックリン1:水1の溶液を作る。

マジックリンは、原液を使うと生地が傷むので水割りに。

step2
しみ部分に「マジックリン水」をつける→固形石鹸をすりこむ→揉みこんで水洗い
を繰り返します。

揉みこむと黒い泡がわいて出るので、生地の他の部分を浸食する前に水で流します。

15分くらい繰り返した結果がこちら。

だいぶ取れたけど、パッと見でシミが判別できるレベル。
さらに、生地(綿100%)の手触りがけっこうガサガサ。
マジックリンの強力な成分がどうしても影響しちゃうよう。

落ち・仕上がりとも「ごはん粒法」強しです。

「服についた墨汁落とし」第3位 歯みがき粉法

ネットでは裏ワザ的に伝えられ、でも落ちはそれほどでもなかったのがこの「歯磨き粉法」。
濡らした古歯ブラシに歯磨き粉をつけ → シミ部分をゴシゴシ&もみもみ → 流す
をくりかえします。

原理は「ごはん粒法」と同様、歯磨き粉ペーストに墨の粒子を吸収させるもの。
確かに黒い泡は出ましたが、「ごはん粒法」はおろか「マジックリン法」よりも落ちませんでした。

歯磨き粉は粒入り、粒なし両方使用。遠目にもシミ部分がわかる仕上がり。

ここでひらめいたわたくし、1~3位の総力戦で挑んだら、墨汁シミはいったいどうなる?
2分くらいで落ちるんじゃないの?
翌日、「歯磨き粉法」で残ったシミ部分でリトライしてみました。
結果

30分以上頑張りましたが落ち方は「マジックリン法」以下。
理由はたぶん、時間がたちすぎたから。

上の1~3位は、墨をつけたその日のうち(5~10時間経過後)に実施したもの。
対してこの「全部入り作戦」は翌日午後。
時間がたった墨あとには、ごはん粒もマジックリンも実力を発揮できなくなるようです。

結論。
墨汁落としに近道なし!
光の速さで「ごはん粒洗剤」を用い、根気よくこするのみ!

昔の人は偉かった。

と、思ったら今の人も偉い!
だってこんなのあるから。

DCMブランド「洗って落ちる書道液

服に書き初めしてきても

お湯をかければ緑色に溶けてスルッと落ちる!

ボトルの用法には、
「ぬるま湯に10分漬け置き → 洗濯洗濯+衣類用漂白剤で洗濯」と書いてあります。
実際は、ベランダで雨に降られただけで落ちてました。

ごはん粒もマジックリンももみ洗いもいらない。
こんなに簡単なことはない!

ただこちらはインクの部類に入るらしく「耐光性がないため作品作りに向かない」とあります。
ふだんの練習はこっち、清書のときなどは墨汁、と使い分けをしてくれる
マメで親孝行な子であれば、服が汚れるリスクはグンと減るということに!

そんなの無理だしゴシゴシも無理、なら「書道のある日は汚していい服を着せていく」、
ズボライターのホントの結論はこっちかもです。

少ない量でもしっかり洗える

DCMブランド 汚れすっきり 液体洗剤 濃縮タイプ 詰替用
すすぎ1回でも生乾きのイヤなニオイを防ぐ液体洗剤。濃縮タイプなので少ない量でもしっかり洗えます。360g192円(税込)
ご購入はこちら

清書は墨汁、練習はこっちで!

DCMブランド 洗って落ちる書道液 S16-BE03
誤って衣類につけてしまっても、ぬるま湯漬け10分+衣類用漂白剤、家庭用洗濯洗剤で洗えば落ちる書道液。表具する作品には使えません。180ml。321円(税込)
ご購入はこちら

取材・撮影・文/和田玲子


RANKING ARTICLE