2018.07.02

『電動工具でDIY工作』【初級編】『文字も書けるツールボックス』を作りましょう!|くらしメイド×Pacoma

暮らしの「知りたい」を解決する『くらしメイド』とホームセンターマガジン『Pacoma』が提案する特別企画。今年の夏は大人もこどもも電動工具を使ってワンランク上の木工作に挑戦しましょう!

PICK UP CONTENTS

『Pacoma』とは、全国のホームセンターで配布しているフリーマガジン。8月号では初心者でも使いやすいおススメの電動工具の使い方を、初級編と上級編に分けて紹介。ワンランク上の木工作の作り方をレクチャーします。今回はPacoma本誌で紹介しきれなかった、作り方を詳しく紹介します!

教えてくれた先生

長谷川 和弘さん

イベントの企画からデザイン、施工までを行う企業CAPSULE代表。会場の施工など現場で培った経験から、電動工具の扱いにも明るい。

木工作の強い味方となってくれる電動工具。使ってみたいと思っていても、使いこなせる自信がなく、購入をためらってしまう人も多いはず。最近は使い勝手もよく、女性でも手軽に使えるものも増えています。今回、木工作を教えてくれた長谷川さんによると、自分にあった電動工具を選んで、使い方のコツを学べば、誰でも簡単に使いこなすことができるそう。

「正しい知識と使い方を知れば、電動工具は作品の質を上げて、幅を大きく広げてくれます。工具を使う前に説明書を見て使い方や機能を学ぶこと。その次はすぐに本番ではなく、何度か試しで使ってみてください」(長谷川先生)

工具の特徴を覚えて、安全面にも配慮することが電動工具を使いこなすための第一歩。今年の夏はハイクオリティな木工作に挑戦してみよう!

材料

〇シナベニヤ板(12㎜厚)を使用
・側面(170×220㎜)×2枚
・中仕切り大(226×140㎜)×1枚
・中仕切り小(67×100㎜)×2枚
・前面(226×100㎜)×2枚
・底板(226×146㎜)×1枚
・ブロンズ木ねじ(3.1×20㎜)×10本程度

〇工具
・ノコギリ
・黒板スプレー
・水性ニス
・ハケ
・木工用接着剤
・ヒモ(取っ手用)
・紙ヤスリ(400番手)
・マスキングテープ

〇使った電動工具
DCMブランド 充電式サンダー
DCMブランド 充電式ドリルドライバー

Let’s DIY!

【初級編/工程】
1

木材に定規と鉛筆などで印をつけ、手のこで印に沿って切りましょう。このとき板をしっかり押さえ、はじめは優しくあたりをつければ安全にカットすることができます。

2

ドリルドライバーに木工用ドリルを装着し、側面の板に穴を空けます。ドリルを操作するときは、はじめは弱い力で徐々にパワーをあげると木材が割れてしまう心配もありません。

3

穴を空ける板の下に端材を敷いておけば、貫通した反対側の素材を傷つけず、きれいに穴を空けることができます。作業台を傷めないよう、下敷きとなる板を敷くのもお忘れなく。

すべての材料にサンダーでヤスリがけを行います。手にヤスリが当たらないよう、木の安全な場所をしっかりと持って。たまに手で確認して、ざらつきがなくなったらOKです。

5

水性ニスをハケで塗る。ニスは木目に沿って薄く塗り、乾燥してから2度塗りを。木口はムラにならないよう、ハケを押さえつけるようにしてニスを染み込ませましょう。

6

塗料の乾燥後、前面(226×100㎜)の2枚の板はドリルドライバーでねじ止め。中の仕切りは木工用接着剤で固定。ボンドはたっぷり塗り、はみ出た分は布で拭き取りましょう。

7

木工用接着剤を塗った後は、マスキングテープなどで全体を固定して固まるのを待ちましょう。仕切り板の位置は、入れたいものにあわせて位置と数を調整しましょう。

8

 

側面の板のヘリにマスキングテープをしっかりと張り、それぞれの板の片側に黒板スプレーを吹きかけ、よく乾燥させます。溶剤の特性にあわせて、2〜3度塗りを行いましょう。

9

黒板スプレーが乾燥したら、ねじ止めする位置(4か所)に印をつけます。ねじ位置を揃えると美しい仕上がりに。印をつけたら、キリなどねじよりも細い径のもので下穴を開けて。

10

ドリルドライバーで側面の板をねじ止め。いきなり強い力でねじ締めをすると板が割れる場合があるので、はじめはゆっくり優しく、徐々にをスピードを上げ、力を加えましょう。

11

最後に3色の色違いのパラコードを三つ編みしたヒモを側面の穴に通します。ヒモの長さを調整することで、壁掛け仕様のツールボックスにも変身。好みのヒモで作ってみてください。

FINISH!

卓上の小物をオシャレに収納するツールボックス。側面の黒板にはメッセージも書けます。取っ手のヒモを替えれば壁掛け仕様に変身。

こんなアレンジも!

持ち手の部分とペイントの色を変えれば、ナチュナルテイストのボックスに変身!
ホームセンターでも入手できる丸棒をボックスの幅に合わせてカットし、側面板の穴に差し込むだけ。心配な場合は接着剤などで固定しましょう。
(※こちらのアレンジボックスはDCM DIY倶楽部のDIY教室取扱メニューになっております。詳しくはお近くの教室へお問い合わせください。)

初級編で使った電動工具①

DCMブランド 10.8V充電式ドリルドライバー
穴あけやデリケートなねじ締めができるオールラウンド機。クラッチ機能により、素材・作業内容に合わせたトルク調整が可能。本体は1,000gと軽くて持ちやすいので、女性でも扱いやすい。
本体のみ 4,298円(税込)※バッテリー・充電器は含まれません。
スターターキット 8,618円(税込)※バッテリー・充電器・ツールバッグ付き。
アイテム詳細へ

初級編で使った電動工具②

DCMブランド 10.8V充電式サンダー
振動を発生させて木材や金属の研磨、塗装剥がし、サビ落としなどを行うことができ、木材表面の仕上げ研磨に最適。ペーパーはワンタッチで交換できる。三角形状のため、コーナー部の研磨作業も可能。本体3,218円(税込)※バッテリー・充電器は別売りです。
アイテム詳細へ

上級編『親子で座れるおもちゃ箱スツール』

電動工具で作れる木工の上級編『親子で座れるおもちゃ箱スツール』の作り方も紹介!詳しくはこちらをクリック。
レシピ詳細へ

Pacoma 8月号では、木工作以外のさまざまな工作を紹介! 今年の夏はPacomaを読んで、大人もこどもも木工作に挑戦してみてくださいね。お近くのお店でぜひ手に取ってください。

Pacoma WEBも更新中! https://pacoma.jp


RANKING ARTICLE